1. トップ
  2. はぴばす
  3. 生活リズム向上委員会
  4. 「お風呂や入浴剤の歴史」って知っていた?

生活リズム向上委員会

体に本来備わっているリズムと、ふだんの暮らしのリズム。この二つがうまくハーモニーを奏でた理想的な生活をめざして、かんたんに実践できることを考えていきましょう。

「お風呂や入浴剤の歴史」って知っていた?

東大寺
東大寺

「人に歴史あり」といいますが、毎日入っているお風呂にもいえることかもしれません。お風呂や入浴剤にも歴史あり。今回は、あまり学校では教えてもらえない「お風呂にまつわる歴史」についてお話してみましょう。

お風呂の始まりは仏教の伝来と共に!

お風呂は、6世紀に仏教の伝来と共に日本へ入ってきたといわれています。 仏教では「入浴は七病を除き 七福を得る」や「汚れを落とすことは仏に仕える者の大切な仕事」と説かれていましたので、お風呂は大切な「業(ぎょう)」の一つとして考えられていたようです。このような理由から「体を洗い清める」ための浴堂が、あちこちの寺院に作られました。大仏で有名な東大寺や興福寺にも浴堂が残っています。

興福寺
興福寺
また、当時から「お風呂はよいもの」という認識があったようで、お坊さんは各地の温泉も開拓していました。奈良時代の「行基」という有名なお坊さんも、多くの温泉を開拓しています。


もっと詳しく
入浴の歴史

昔のお風呂は、お湯のない蒸し風呂?

そもそも、「昔のお風呂」は今のようなお風呂とは違って、蒸し風呂です。湯室(ゆむろ)が変化して風呂(ふろ)になったという説もあります。昔は給湯器もありませんでしたから、大量の水を沸かして家でお風呂に入るというのはきっと大変贅沢なことだったのでしょう。ですから天皇や有力な武将でないと、お風呂を持っていなかったようです。豊臣秀吉がお風呂を振る舞ったという話や、NHKの大河ドラマでは、偉くなった山内一豊の家にはお風呂があるというエピソードも描かれていました。

江戸時代になると、庶民のお風呂として銭湯文化が花開きます。この時代の銭湯は社交の場でもありました。今のように男湯や女湯とわかれているのはめずらしく、多くが混浴でした。この時代の銭湯も蒸し風呂です。また、鉄砲風呂や五右衛門風呂といった小さな据え風呂もでてきました。十返舎一九の『東海道中膝栗毛』には、五右衛門風呂に下駄を履いて入ったという話が面白おかしく書かれていますね。

明治時代の初め頃になって、しっかり湯船に浸かる形式のお風呂が浸透してきました。しかしまだまだ、お風呂がある家は少なく、多くの人が銭湯を利用していました。

一般家庭にお風呂があるようになったのは、1960年代の後半の高度成長期からです。しかし、当時はまだまだ小さなお風呂でした。

現代のお風呂スペースは次第に広くなり、1坪は当たり前。中には1.5坪の広さのものもあり、家のお風呂は、ただ身体を洗う場所から、心身共にリラックスする場所へと変化してきました。

リラックスするには入浴剤。入浴剤の歴史は?

昔からゆず湯や菖蒲湯など、季節によってお風呂に何かを入れるという習慣はありましたが、製品として初めて販売された入浴剤は「浴剤中将湯」です。明治30年のことでした。婦人薬である「中将湯」をつくっている時にでる、生薬の残りを家に持ち帰り、お風呂(たらい)に溶かして子供を入れたら「あせも」が治ったり、いつまでも身体が温まったままだったりするということがわかり、製品として銭湯に販売しました。

この「浴剤中将湯」は大ヒットしましたが、今度は「温まりすぎて、夏場は汗が引かなくて困る」という声があがり、そこで開発・販売されたのが「バスクリン」です。

「バスクリン」というモダンな名称、大正ロマンチシズムの画家 高畠華宵の絵を用いたブリキ缶のパッケージ、お風呂上がりにカラダがスーッとする香りや成分、そしてオレンジの粉をお湯に入れるとグリーンに変化するお湯の色など、当時から色と香りにこだわった画期的な芳香入浴剤でした。

日本の名湯 登別カルルス

その後、戦争で一時「バスクリン」の生産も中止せざるを得ませんでしたが、昭和25年に再開。昭和62年には日本で初めての、白く濁る温泉タイプの入浴剤「日本の名湯 登別カルルス」が発売されます。温泉のようにお湯を白濁させるという「登別カルルス」の技術が開発されると、入浴剤市場は大きく変化しました。白濁入浴剤は、温泉好きの日本人の嗜好にぴったり合致し、「登別カルルス」は今も人気の高い製品です。

現在では、血流促進などの機能を高めたものから、香りを楽しみリラックス効果を期待するものまで、2,000品種を超える入浴剤が販売されています。

しかし、まだまだ入浴剤は嗜好品という位置付けです。さまざまな入浴剤の研究から導き出されてきた身体や心に及ぼす効果をうまく活用して、これからの入浴剤が、皆さんの健康維持に役立つ生活必需品的な存在になっていくといいですね。

 

関連製品
「日本の名湯」 「バスクリン」 「バスクリン カラダプラス」 「バスクリン 薬湯」
「きき湯」 「薬用ソフレ」

もっと詳しく
バスクリン・ヒストリー

 

このページのトップへ