美肌のための入浴法美容と健康サポートコース- ダイエットや美肌づくりを応援

シーンや目的によっていろんな入浴方法があります。自分にぴったりの入浴方を探して、理想の体を手に入れよう!

入浴方法 HOW TO美肌のための入浴法美容と健康サポートコース ダイエットや美肌づくりを応援

お風呂と美肌の関係に着目睡眠の質をアップして、目指せ全身美肌

「肌は夜つくられる」と言われるくらい、美肌と睡眠の関係は密接です。そして質の高い睡眠をサポートするのが、お風呂。だからこそ、美肌のためにお風呂を積極活用しましょう。ただし、熱いお湯に長く入りすぎると必要以上に皮脂を奪い肌を乾燥させることもあるので、時間や温度をしっかり守るのがコツ。

美肌のための入浴法 イメージ

  • 入浴 ポイント1入浴は
    寝る1時間半前に

    入浴 ポイント1 イメージ

    人が深い眠りに入るのは、一度お風呂で温まった体の温度が下がり始めた時。ベッドに入る時にその状態にするために、入浴は寝る1時間半前に済ませるのがベストです。

  • 入浴 ポイント2ぬるめのお湯で
    短めに

    入浴 ポイント2 イメージ

    肌のうるおいを守るためには「熱いお湯」「なが湯」は禁物。ぬるめの39度のお湯で、10分から長くても20分を目安に入りましょう。汗が出始める前にバスタブから出るつもりで。

Column美肌のためには枕にもこだわりを

質の高い眠りを手に入れるには、お風呂の他に寝具にこだわることも大切です。例えば、枕。人間は寝ている間も枕の大きさを認識していて、枕が小さいと頭が落ちないように寝返りを制御してしまう性質があります。これでは姿勢が固定されるため血流が滞り、良質の眠りは手に入れられません。リラックスして寝返りをうつためにも、ぜひ大きめの枕を選んでくださいね。

入浴ポイント 実感をチェック

  • Check!

    いつもに比べて肌のうるおい感は?

  • Check!

    乾燥によるかゆみは軽くなった?

  • Check!

    眠るまでにかかる時間に違いは?

入浴方法一覧

  • 美容と健康サポートコース ダイエットや美肌づくりを応援

    • 食欲を抑制する入浴法
    • 美肌のための入浴法
  • 体の悩みラクラクコース 気になる悩みにアプローチ

    • 肩こりをやわらげる入浴法
    • 冷えを解消する入浴法
  • もっとスポーツを楽しむコース お風呂でコンディショニング

    • 素早く疲労回復する入浴法
    • 柔軟性をアップさせる入浴法