素早く疲労回復する入浴法もっとスポーツを楽しむコース- お風呂でコンディショニング

シーンや目的によっていろんな入浴方法があります。自分にぴったりの入浴方を探して、理想の体を手に入れよう!

入浴方法 HOW TO素早く疲労回復する入浴法もっとスポーツを楽しむコース お風呂でコンディショニング

早い疲労回復でパフォーマンス力をアップ血行促進して溜まった疲労に関係する物質を押し流す!

スポーツの後は、血液中に乳酸などの疲労に関係する物質が増えた状態になります。疲労回復のためには、早めにそれを流し去って(フラッシング)、適切な場所で分解したりエネルギーに変えたりする必要があります。また、疲れた場所に食事で取った栄養を運ぶためにも血流アップは大切。お風呂の力を積極的に活用しましょう。

素早く疲労回復する入浴法 イメージ

  • 入浴 ポイント1体が落ち着いたら
    早めに入浴

    入浴 ポイント1 イメージ

    運動直後のまだ息があがっているような状態は、水圧などが体の負担になるのでNG。ただし体や息がある程度落ち着いたら、体が冷える前、なるべく早めに入浴を。

  • 入浴 ポイント2「ぬるめ&長め」が
    基本

    入浴 ポイント2 イメージ

    血流アップのためには、長めにじっくり20分以上入ることが何より重要。そのためには温度もぬるめの39度程度で。運動後は体が温まっているので、半身浴でもOKです。

  • 入浴 ポイント3脚マッサージで
    疲れケア

    入浴 ポイント3 イメージ

    スポーツの後に疲れを感じやすいのは脚。疲労回復やむくみの対策として、ふくらはぎを下から上に向かってマッサージ。脚先に溜まった血をしっかり流します。

Column疲労の目安、脈拍を測ってみよう

脈拍数には個人差がありますが、毎日測ってみて、ある時突然、脈拍数が増えているとしたら、それは自覚がなくても体が疲労している証拠です。スポーツ選手などは脈拍数が増えると、練習を少し控えめにするなど、体調コントロールの目安にしているのだとか。特に運動を日常的にしている人は、毎日脈拍を測ってみましょう。疲労回復の入浴法を続けていると、脈拍の変化が少なくなるか、増えても元に戻りやすくなるのがわかるでしょう。

入浴ポイント 実感をチェック

  • Check!

    運動の翌日の体調は
    いつもと比べてどう?

  • Check!

    脈拍数の変化は?

  • Check!

    いつもより運動後の体が軽い感覚は?

入浴方法一覧

  • 美容と健康サポートコース ダイエットや美肌づくりを応援

    • 食欲を抑制する入浴法
    • 美肌のための入浴法
  • 体の悩みラクラクコース 気になる悩みにアプローチ

    • 肩こりをやわらげる入浴法
    • 冷えを解消する入浴法
  • もっとスポーツを楽しむコース お風呂でコンディショニング

    • 素早く疲労回復する入浴法
    • 柔軟性をアップさせる入浴法