1. トップ
  2. 企業情報
  3. 信頼されるものづくり
  4. 環境目標

環境目標

環境への取組み目標について(2016年度〜2018年度までの3ヶ年)

省エネルギー

消費電力の削減
2012年度実績から3.0%削減(原単位換算)します。
2012年実績 150.2kwh/百万円 ⇒ 145.7 kwh/百万円

特に夏場の消費電力削減の取り組み強化

  • 空調設定温度管理(冷房:28℃ 暖房:20℃ )
  • 非使用時の会議室の空調停止
  • 週3日のノー残業デーの継続
  • 日中の窓側蛍光灯の消灯
  • 蛍光灯の間引き
  • 構内外灯の点灯時間短縮及び点灯本数の半減

ゴミの削減

産業廃棄物・排出量の削減
2012年度実績から3.0%削減(原単位換算)します。
2012年実績 87.70kg/百万円 ⇒ 85.00kg/百万円
  • 分別による有価物への転換
  • リユースの推進
  • 製造ロスの発生を少なくするための効率的な生産体制を強化
  • 試作規模を毎回精査
  • リニューアルに向けた計画的な生産出荷計画の立案

水使用量の削減

排水量の削減
2012年度実績から2.2%削減します。
  • 継続的な多面的節水行動
  • 月一回の漏水点検
  • 入浴剤評価実験の効率化検討
  • 装置、機器洗浄における水使用量の削減
  • 部品洗浄における水使用量の削減
  • 洗浄作業見直し

その他

グリーン購入の推進
  • 環境対応マークの付いた文房具の購入を推進
化学物質の削減
  • 化管法対象物質、主要化学物質の月次購入管理
  • 有害廃液の適正な回収
  • 有害試薬の削減
  • 製剤ロスの削減
  • 微品製剤の再利用
  • フロン使用機器の代替フロン型への更新
環境配慮型製品の開発設計
  • 詰替え容器の設計評価、導入検討
  • 化管法対象物質減量処方の検討
  • 包材重量減量化の検討
  • 環境負荷を考慮した処方設計と環境負荷値の計測
この情報はお客様のお役に立ちましたでしょうか?
送 信
株式会社バスクリン 会社案内 PDFダウンロード
このページのトップへ