1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 【いたわりセルフケア】生薬と入浴に注目
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

【いたわりセルフケア】生薬と入浴に注目

「入浴」と「生薬の働き」を組み合わせてココロもからだもケアしましょう
体メンテナンス

江戸時代から変わらないマストアイテム、生薬

江戸時代から続いている、「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の考え方をご存じですか?これら3つを「人体を維持するために必要な3つの要素である」と、江戸時代を代表する漢方医の吉益南涯が唱えました。この考えはずっと受け継がれ、現代社会の漢方において基本的なものとされています。

生薬の組み合わせ効果簡単にいえば「気」は生命活動の源となる目に見えないエネルギーのこと、「血」はほぼ血液のことを指し、「水」はリンパ液などが相当します。これらはそれぞれが影響しあい、バランスをとっています。「気」が順調に巡れば「血」はスムーズに流れ、「水」の代謝も適度に行われる…漢方というと身近に感じない人もいるかもしれませんが、この考え方は私たちの日常生活全てに当てはまることです。

栄養、運動、規則正しい生活、これらのバランスがとれていれば、体内の循環サイクルも正常に働き、体調不良を訴えることもありません。そしてこの理想的なサイクルが少しでも崩れると、漢方で言うところの「血虚(血の量が不足している)」に陥り、乾燥肌、抜け毛、目の下のクマなど、できれば避けて通りたい症状が現れる結果に…。もし少しでもそういった症状が出てしまった場合、血流の流れを改善させるために、生薬の組み合わ せ効果を取り入れるのもひとつの方法です。西洋的な処方はピンポイントで対処しますが、生薬を組み合わせた処方は全体のバランスを整えて、改善につなげていくのです。

 

生薬の組み合わせ効果

生薬の組み合わせ効果ショウキョウ(しょうが)はある程度の血流促進作用を示しますが、それ以外の生薬は血流促進作用を示しません。ところが驚くべきことに、これらの生薬を組み合わせると相乗効果により、非常に高い血流促進作用を示します。

 

入浴と生薬の力で理想のからだに

理想のからだを取り戻すために必要な4つの項目は、食物連鎖のように各々が相互に作用しあい、ひとつのことが達成できれば次の項目も自ずと解決して、そして次の項目へさらに続く…というように、まるで“理想のからだ連鎖”といわんばかりに、ココロとからだが喜ぶシステムが自然と構築されていくのです。そしてこのシステム構築に不可欠なことが、「お風呂に入ること」、そして、「生薬の働き」を組み合わせる ことだったのです。この2つであなたも理想のからだをとり戻して、毎日を元気に過ごしましょう!

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ