1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 【入浴で実験】入浴剤のリラックス効果
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

【入浴で実験】入浴剤のリラックス効果

香り付き入浴剤は本当にリラックスできる?脳波の変化を検証
入浴科学

入浴剤が快適感(リラクセーション)に及ぼす効果を実験しました。客観的指標には、脳波(α波)のリズム度から算出する快適度(%)を用いて、入浴剤ありとさら湯の場合の比較を行い、その差を検証しました(n=16)。
※快適度とは、緊張感がやわらぎ、心地よさが高まると高くなる数値です。

入浴剤を使用すると、さら湯に比べ入浴中に快適度の高い状態になり、入浴後も維持されました。

line_bubble

さら湯と入浴剤(ゆずの香り)で比較しました。

「入浴剤で快適度UP」
浴用剤を使用すると、さら湯に比べ入浴中に快適度の高い状態になり、入浴後も維持されました。つまり入浴剤は緊張感を緩和しリラクセーションに促進的であることが明らかになりました。

1.入浴中

この図は、入浴前の精神負荷状態からの快適度上昇率をグラフに示したものです。
入浴剤を使用する方がさら湯に比べ入浴中に快適度が上昇(22.9%UP)しました。

 

2.経時的変化

この図は、快適度(0~100%)の変化をグラフに示したものです。
入浴剤を使用すると入浴後(後安静時)も快適度が維持されていることがわかります。
※数値は、絶対値ではなく、浴前をそれぞれ100として計算しています。

 

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ