1. トップ
  2. 製品のご案内
  3. バスクリン クール

バスクリン クール

開発者からひとこと

家族で楽しめる爽快感。マイルドな刺激が特徴です

商品開発部商品企画課/髙木崇

商品開発部商品企画課/髙木崇

夏用の「バスクリン」として1975年に発売された商品で、「バスクリン」ブランドの中では、オリジナルの「バスクリン」に注ぐロングセラー。
クール感やお風呂上りの爽快感の主成分はメントール。しかし、このメントールの固体はすぐに結晶化して表面に出てきてしまいます。そのため、まずはメントール成分をパウダー化して、お湯にしっかり溶けるようにしました。また、「バスクリン」ブランドのコンセプトである「ファミリーで使用できる」商品にするために、子どもからお年寄りまで気持ちよく使用していただける、「まろやかなクール感」も重視。メントールの刺激をできるだけ抑えつつ、湯上りの爽快感は残せるよう、試行錯誤を重ねました。刺激が少ないため、生後3カ月の赤ちゃんからご使用いただくことができますよ。
また、クールな印象を与えるバスクリン クール独特の「青」にもこんな秘話が。実はこの青、最初の実験では、1時間で色が消えてしまったのです。実験を重ねた結果、アミノ酸成分をプラスして水道水の塩素を除去することにより青色の表現に成功。この「塩素除去」は、これ以降、すべての「バスクリン」に使用されており、バスクリン品質のひとつに数えられています。

この情報はお客様のお役に立ちましたでしょうか?
送 信
このページのトップへ