冷え症と疲労のお悩み…
あなたはどのパターン?

  • 布団をかけずにうたた寝。全身が冷えて重たい
  • 服のチョイスを間違えて薄着すぎ…。寒くて体が冷えた
  • エアコンで自律神経が乱れて、冷え症気味
  • 旅行中、一日中歩き回っていたから、疲れてもう動けない!
  • 真冬に屋外で仕事。冷えて体がガチガチに
  • ママ友と子連れでおでかけ。ずっとベビーカーを引いていて疲れた
  • お店の冷房が強すぎて、体が冷え切ってだるい
  • 慣れない仕事が多く、一日が終わるとドッと疲れを感じる
  • 血流が悪く、すぐに手足が冷える
  • 妊娠中、ホルモンバランスが崩れて冷えがつらい
  • なんだかぜんぜん集中できない。過労気味かも
  • 末端冷え症で、一年中靴下が手放せない
  • 大掃除。普段使わない筋肉を使いすぎて、肉体疲労が…

あなたの症状をお風呂でケア

冷え症・疲労編

…そんな、冷え症や疲労にお悩みのあなたには、
オレンジの「食塩炭酸湯」がオススメ

[商品名] きき湯 食塩炭酸湯 [効能] 冷え症、疲労回復など [香り] 潮騒の香り 
[色] 乳緑色の湯(にごりタイプ)

増量して
新登場
製品パッケージ
  • ボトル360g
  • つめかえ用480g
  • 分包30g

温浴効果を高めて冷え症・疲労を
ラクにする食塩

「きき湯 食塩炭酸湯」は、配合している温泉ミネラル成分「食塩(有効成分)」を由来に名づけられています。食塩が温浴効果を高め、血行を促進します。体を芯まで温め肌表面に保温ベールを作り、湯上り後の保温作用が高まるのでつらい冷え・疲労がラクになります。

炭酸ガスが温浴効果を高めて

炭酸ガスがどのように温浴効果を高めるのか説明しましょう。お湯に溶けた炭酸ガスは、末梢血管を拡張し、血流量を増加する作用があることがよく知られています。この作用により血行がアップし、冷え・疲労・肩や腰の痛みなどを和らげます。

ツブ形状の秘密について詳しく

冷え症・疲労にオススメの
一般的な入浴法

ややぬるめと感じるお湯(39℃位)に、ゆっくりと長めにつかります。

※湯温は目安です。外気温などにより若干異なります。

おすすめのストレッチ・ツボ押し

  • 左手を腰の後ろにもっていき右手で手首をつかみ、ゆっくり右へひっぱります。気持ちよく伸びたら反対側も同様に。

  • 足の内側のくるぶしの指3本分ぐらい上にある骨の後ろ側のくぼみのツボ「三陰交(さんいんこう)」を親指で足首上をつかむようにし、深いところまでギューッと押し込んでいき、3~5秒ほど押します。

きき湯ラインナップ

TOPICS

ページトップ