炭酸入浴剤 きき湯

きき湯
きき湯 FINE HEAT

研究員の、
「温泉科学」への強い想い。

成分の効果効能はもちろんのこと、
気持ちを解放する転地効果などがある温泉。
(株)バスクリン(「きき湯」発売当時は(株)ツムラ)は
長年この“温泉効果”を研究し続けてきました。
研究員は日本全国の温泉に赴き、成分・効能を科学と
感性で分析研究する温泉科学のエキスパート。
彼らによって導かれた様々な知見を
ふんだんに盛り込んだのが“きき湯”ブランドなのです。

“きき湯”のこだわり

目指したのは
あの日本屈指の「炭酸泉」

「きき湯」は、九州の名湯「長湯温泉」(大分県)の湯をモデルに開発されました。長湯温泉は源泉に多量の炭酸ガスが含まれている、国内では珍しい発泡温泉。むせかえるような発泡感と、肌に吸いついてなかなか消えない泡が特徴的な温泉です。低温なのに高い保温効果を持つ長湯温泉の“豊富な発泡”をテーマに、温泉を科学して誕生したのが、「きき湯」なのです。

「炭酸ガス」に
秘められた力

“きき湯”の特長である炭酸ガスには、温浴効果を高めて疲れをケアする働きがあります。気泡となってお湯に溶け込んだ炭酸ガスは、温浴効果を高めて血行を促進。体の芯までポカポカになるとともに、血行が良くなることで新陳代謝が活発化し、疲労回復を促して肩こりや腰痛などを緩和します。また、約2時間は炭酸ガスがお湯の中に留まるように設計されているので、発泡が終わった後はもちろん、お湯を追いだきしても大丈夫です。

“きき湯”ならではの
ブリケット形状

お湯全体でわき上がるように発泡する“きき湯”。発泡後も、肌に吸いつく気泡になるという、炭酸泉さながらの発泡を実現するために採用されたのが、“きき湯”の代名詞ともいえる、ツブ形状。400近い試作品の末、表面積が大きく、勢いのある豊かな発泡を実感でき、また、浴槽の大きさに合わせて使用量の調整が可能な“ブリケット”形状となったのでした。

きき湯
きき湯FINE HEAT

パッケージの
“きき湯”豆知識にも注目!

入浴剤には珍しい「多角柱」の形状。ここにも“きき湯”のこだわりが。嗜好性ではなく、様々な症状と、疲労感を抱えた現代人に寄り添った入浴剤であることを伝えるために、おすすめのストレッチ・ツボ押しや入浴法を記載。パッケージにたっぷり書かれた“きき湯”の特長を読んでみると、あなたの入浴剤の選び方が変わるかもしれません。

きき湯のヒミツ Q&A

Q1. “きき湯”は何℃くらいの
お湯で入るといいの?
A “効果的な湯温”は、
疲れとアイテムによって異なります!

例えば「筋肉がこってだるい」と感じる方には、「マグネシウム炭酸湯」で熱いと感じる(42℃位)お湯に肩までつかり、早めに上がるのが理想的。このように商品パッケージには、アイテム毎の疲れの症状に合わせ、適温や入り方をご提案しています。つらい疲労感には、ぜひ、オススメの温度と入浴法をお試しください。

適温はパッケージで確認
Q2. “きき湯”にプラスして
もっと疲れを取るには?
A パッケージ毎に紹介中のマッサージで
症状を解消!

“きき湯”では、商品のパッケージに、疲れに合わせたストレッチとツボ押し方法をご紹介中。入浴中は温浴効果とあわせ、「きき湯」「きき湯FINE HEAT」各種類のストレッチやツボで症状解消をサポートします。

ストレッチも一目瞭然
Q3. “きき湯”を使うのは
「特に疲れた日」だけじゃダメ?
A “きき湯”は日々の
「ルーティーン」がおすすめ!

スペシャルケアとしても良いですが、より効果をご実感いただくには毎日の使用がおすすめです。研究では、“さら湯の1回入浴”より“入浴剤を使った1回入浴”が。さらには、“入浴剤を使って毎日入浴”する方が、より回復感があるとされています。パッケージでご紹介している入浴法や、ストレッチも組み合わせて、日々のルーティン化で症状解消に。

Q4. “きき湯”の炭酸ガス効果は
発泡中だけなの?
A 発泡が終わっても
約2時間は効果が持続!

“きき湯”の炭酸ガスは、約2時間はお湯の中に留まるように設計されているので、発泡終了後はもちろん、ぬるくなったお湯を追いだきして2番目、3番目にお風呂に入っても大丈夫! ご家族のみなさんで疲れをケアしていただける入浴剤です。

Q5. “きき湯”の成分は
洗い流したほうがいいの?
A 洗い流さず、
そのまま上がるのが正解!

“きき湯”には(株)バスクリンの温泉科学に基づいた、温泉ミネラル※1(有効成分)がたっぷり配合されています。湯上がり後のぽかぽか感、すべすべ感、しっとり感など各タイプの使用感をお楽しみください。

※1 硫酸マグネシウム、塩化カリウム、芒硝、食塩、炭酸カルシウム、重曹、ミョウバン、硫酸ナトリウム。なお各アイテム毎に配合されている有効成分は異なります。

Q6. “きき湯”の発泡感を
もっと楽しむには?
A 入る直前に浴槽全体にばらまき、
発泡感を堪能!

入浴直前に、一カ所に固まらないよう、浴槽全体にバラまくように入れると、身体全体を包むような発泡感を味わえます。また、透明タイプはツブがふわふわとわき上がってお湯全体で発泡し、にごりタイプは浴槽の底からわき上がるような発泡が楽しめます。

Q7. 「きき湯 FINE HEAT」の
形状の由来は?
A 素早く溶けて、高濃度※2
炭酸ガス湯に!

ツブ剤にすることで、浴湯全体を素早く高濃度※2の炭酸ガス湯にすることができます。短時間入浴の方にも効果的と言えます。また、炭酸ガスの発泡の勢いで効果感を実感して欲しいためです。

※2 きき湯食塩炭酸湯比

Q8. 「きき湯食塩炭酸湯」や
「きき湯FINE HEAT リセットナイト」の食塩が
浴槽・給湯器を傷めるか心配…。
A 「きき湯 食塩炭酸湯」、「きき湯FINE HEAT リセットナイト」は
さび等が発生しない処方設計!

さび等が発生しない処方設計のため、浴槽・給湯器を傷めず安心です。

オンラインショップ