書にこだわる

書道家・武田双雲氏の書を、新たに日本の名湯の「ブランドロゴ」に採用。本格・本物感を表現しています。

日本の名湯「ブランドロゴ」制作への想い

「幼い頃から入浴剤が好きで、よく使用していた」、と語る武田双雲氏。自分で好きな入浴剤を選ぶことが楽しく、また、選ぶ際には香りと色を大切にしていたそうです。数ある入浴剤のなかでも、「日本の名湯」はお気に入りの商品のひとつ。「パッケージにも興味がありますよ。商品パッケージを読みながら、その温泉地をイメージするのはとても楽しいですからね」

そんな双雲氏が、日本の名湯のブランドロゴを作るにあたって、まず想起したことは、温泉ならではのリラックス感。しかし温泉は、こうした静かなイメージを抱かせてくれる一方で、地球のダイナミックな営みから発生している力強さも持ち合わせています。そのため双雲氏は、「リラックス」と「力強さ」の両立に向けて、書いては悩みの自己対話を繰り返しました。

そうしてようやく辿り着いたのがこのブランドロゴ。「日本の名湯」のこだわりと本物感を感じさせる力強さ。そして、名湯ならではの幸せや満足感を与えるリラックス感が表現された、武田双雲氏こだわりの「書」が完成しました。

武田双雲氏

武田双雲氏プロフィール

1975年熊本県生まれ。東京理科大学理工学部卒業。
3歳より書道家である母・武田双葉に師事。
大学卒業後、約3年間のNTT勤務を経て、書道家として独立。
さまざまなアーティストとのコラボレーションや個展など、
斬新な創作活動で注目を集める。

日本の名湯 書 武田双雲

パッケージイラストへのこだわり

パッケージに描かれた各名湯のイラストは、温泉地のイメージを最大限に表現したものを採用。
単なる温泉のイメージだけにとどまらず、実際の風景や建物のなかから、最も各温泉のイメージに近いものを厳選。
「日本の名湯・共同企画プロジェクト」にご協力いただいた温泉関連団体様にもアドバイスをいただきながら、完成させました。