1. トップ
  2. 企業情報
  3. 株式会社バスクリンの歩み

株式会社バスクリンの歩み

「津村順天堂(現 株式会社ツムラ)」創業
初代・津村重舎が東京市日本橋区に「中将湯本舗津村順天堂」を創業開店

津村順天堂

1893年
(明治26年)
1897年
(明治30年)
日本初の入浴剤「浴剤中将湯」発売
婦人薬「中将湯」から生まれたこの入浴剤を使用した銭湯は「中将湯温泉」として親しまれました。

日本初の入浴剤「浴剤中将湯」

1930年
(昭和5年)
芳香浴剤「バスクリン」発売
「浴剤中将湯」の成分に温泉成分と芳香を加え夏用入浴剤として販売。発売当時のブリキ缶は銭湯で好評を博しました。

芳香浴剤「バスクリン」

太平洋戦争
原料、資材、人手の不足で生産を一時中止。
1945年
(昭和20年)
1950年
(昭和25年)
「バスクリン」
ガラス瓶で生産再開

「バスクリン」ガラス瓶

高度成長期
内風呂が増加し、一般家庭でも「バスクリン」が人気に。
昭和30年代
1960年
(昭和35年)
「バスクリン ジャスミン」
ブリキ缶で発売

「バスクリン ジャスミン」

静岡工場を新設、目黒工場から移転
「バスクリン」の需要急増に対応。

静岡工場

1964年
(昭和39年)

1967年
(昭和42年)
「バスクリン」容器革命1
缶容器から、紙の胴体と金属の蓋を採用したスパイラル缶へ。コスト削減と効率的生産が可能になりました。

スパイラル缶

1972年
(昭和47年)
日本初の浴槽洗浄剤「バスピカ」発売
お風呂の残り湯に溶かしておくだけの手軽さが支持され、予想を上回る販売数量を記録。

「バスピカ」

1975年
(昭和50年)
「クールバスクリン」発売
夏向けの入浴剤は年間を通した定番商品となり、2008年には「バスクリン クール」と改名。

「クールバスクリン」

昭和50年~
「バスクリン」アイテム拡大路線へ
時代の要請に応えた新シリーズを次々発表。
1986年
(昭和61年)
本格派の温泉入浴剤
「バスクリン 日本の名湯シリーズ」発売
順次種類を拡大し、後に「ツムラの日本の名湯シリーズ」と改名し、現在は「日本の名湯シリーズ」と改名。

本格派の温泉入浴剤「バスクリン 日本の名湯シリーズ」

1987年
(昭和62年)
日本の名湯シリーズに「登別カルルス」登場
白濁する入浴剤を日本で初めて開発。

日本の名湯シリーズに「登別カルルス」登場

株式会社津村順天堂から「株式会社ツムラ」に社名変更

1988年
(昭和63年)
1994年
(平成6年)
液ダレしない育毛トニック
「インセント」発売

育毛トニック「インセント」

1998年
(平成10年)
スキンケア入浴液
「バスクリン ソフレ」発売

スキンケア入浴液「バスクリン ソフレ」

1999年
(平成11年)
「バスクリン」容器革命2
30年ぶりの改訂で人間工学に基づく持ちやすい容器へ。再生紙使用など環境に配慮した容器に生まれ変わりました。

再生紙使用など環境に配慮した容器

2003年
(平成15年)
発泡タイプの温泉入浴剤
「きき湯」発売

発泡タイプの温泉入浴剤「きき湯」

2004年
(平成16年)
生薬ベースの育毛剤「モウガ」発売

有効成分生薬100%高級育毛剤「モウガ」

「ツムラ ライフサイエンス株式会社」創業
株式会社ツムラから家庭用品事業を承継し分社
2006年
(平成18年)
2007年
(平成19年)
体によく肌にやさしい
「バスクリン カラダプラス」発売

体によく肌にやさしい「バスクリン カラダプラス」

ツムラグループから独立
特別目的会社「株式会社プルメリア」設立、株式会社ツムラからツムラ ライフサイエンス株式会社の全株式を譲受。
経営者と従業員が株式会社プルメリアの株式の一部を取得し、「MEBO」を実行。
株式会社プルメリアがツムラ ライフサイエンス株式会社を吸収合併し、新生「ツムラ ライフサイエンス株式会社」誕生。(2009年)
2008年
(平成20年)
社名を「ツムラ ライフサイエンス株式会社」から
「株式会社バスクリン」に
2010年
(平成22年)
アース製薬グループに加わる
2012年
(平成24年)
株式会社バスクリン 会社案内 PDFダウンロード
このページのトップへ