ニュース&トピックス
研究開発
2008年04月11日

足のむくみに対する硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴の有効性を客観的に実証
~日本薬学会 第128年会にて発表~

ツムラ ライフサイエンス株式会社

ツムラ ライフサイエンス株式会社(本社:東京都港区 社長:古賀和則)は「足のむくみに対する硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴の有効性」を客観的に検証し、以下の効果を実証しました。
なお、本研究内容は日本薬学会第128年会(2008年3月26、27、28日、パシフィコ横浜)で発表しました。

背景

足のむくみは、日常良く実感し、疲労感をともなうが、特に女性にとっては季節を問わず、解消したいボディの悩みとなっています。入浴実態調査によると約30%の人が足のむくみに対する解消法として入浴をあげています。(※n=304名 弊社調べ)
一方、入浴は血流増加、水圧などにより足のむくみに関する改善が期待されてはいるものの、客観的な報告は少ないのが現状です。そこで、血流促進が認められている入浴剤を使用した際の足むくみ改善効果を、さら湯入浴の際と比較評価することにいたしました。

目的

ツムラ ライフサイエンス株式会社は、水分摂取により足のむくみが誘発されることを検証し、その後、硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴剤を使用した入浴により、足むくみが改善する効果について実証することといたしました。

方法

【試験1】
目的 水分摂取が足のむくみに及ぼす影響について検証。
対象 20代~40代の足むくみが気になる女性を対象としました。
試験フロー 安静→水分摂取(500mL)→2時間半後まで脹脛周囲径を経時的に測定しました。
対照を水分非摂取者としました。
測定 メジャーを用い、脹脛の周囲径を測定しました。
測定は、25℃に設定した試験室にて安静馴化後、水分摂取前、水分摂取1時間後、2時間後、2時間半後に測定しました。
試験中は、椅子座位にて、膝角度は90度に保つよう姿勢を維持し、脹脛部周径の最大部位を選択し測定しました。
【試験2】
目的 硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴剤とさら湯での足むくみ改善について検討①
対象 20代~40代の足むくみが気になる女性を対象としました。
入浴条件 39℃10分間の全身浴としました。
入浴剤 硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴剤
対照をさら湯としました。
試験フロー 安静→水分摂取→2時間後→入浴→90分後まで測定しました。
試験方法 被験者は、25℃に設定した試験室にて安静馴化後、水分摂取前、水分摂取後2時間後、入浴後30分後、60分後、90分後に測定した。膝から下の脹脛部位を、3方向(120度角 真後ろ、左右斜め60度前方)からデジタルカメラにより撮影しました。その画像データから3D解析装置により、脹脛部の最大周囲径部、最大周囲径を含む6cmの高さの体積を測定しました。試験中は、椅子座位にて、膝角度は90度に保つよう姿勢を維持しました。
【試験3】
目的 硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴剤とさら湯での足むくみ改善について検討①
対象 20代~40代の足むくみが気になる女性を対象としました。
入浴条件 39℃10分間の全身浴としました。
入浴剤 硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴剤
対照をさら湯としました。
試験フロー 安静→水分摂取→2時間後→入浴→90分後まで測定しました。
試験方法 被験者は、25℃に設定した試験室にて安静馴化後、水分摂取前、水分摂取後2時間後、入浴後30分後、60分後、90分後に測定した。膝から下の脹脛部位を、3方向(120度角 真後ろ、左右斜め60度前方)からデジタルカメラにより撮影しました。その画像データから3D解析装置により、脹脛部の最大周囲径部、最大周囲径を含む6cmの高さの体積を測定しました。試験中は、椅子座位にて、膝角度は90度に保つよう姿勢を維持しました。

すべての試験は、被験者に事前に試験内容を充分説明し、同意を得て行ないました。

方法

1)椅子座位姿勢の継続で、足脹脛周囲径は有意に増加し、水分摂取により足脹脛のむくみがより助長される事が示唆されました。

水分摂取が足のむくみに及ぼす影響について検証

2)さら湯浴と比較して、硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴剤浴により足むくみが改善できると考えられました。

入浴剤浴後の足のむくみ改善作用

3)硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴剤は、足むくみを改善し、その機序のひとつとして、脹脛部の血流増加が寄与している事が示唆されました。

入浴剤浴による皮膚血流増加作用

考察

むくみとは、本来なら血液などに含まれる水分が静脈を通って心臓に戻るはずなのにうまく循環できずに組織間隙にたまってしまった状態をいい、血液の循環をよくすることがむくみの解消法として一般に知られています。

本試験で使用した硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴剤は、浴湯中で血管拡張作用があるといわれている炭酸ガスを発生し、さらに硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウムによる保温、血流促進といった効果が期待できます。硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴剤群は、さら湯群と比較して脹脛周径の増加抑制傾向がみられたことから、硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴剤入浴の血管拡張、温熱効果により血液の循環がよくなり、むくみの軽減作用に効果があったと考えられます。

以上より、日常の実感する足むくみの改善に、硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴剤使用が効果的であると考えられます。 また、温熱効果のあるミネラル成分を含有し、浴湯中で炭酸ガスを発生する入浴剤にも同様な効果が期待でき、さらに、マッサージ、ストレッチ等との併用などがより効果的であると考えられます。

※硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴剤については広報までお問い合わせください。

お問い合わせ先
マスコミの方のお問い合わせ先
マーケティング部 広報 石川
TEL:03-6327-2914 FAX:03-3453-8184
消費者の方のお問い合わせ先
お客様相談室 TEL:0120-39-8496
このページのトップへ