ニュース&トピックス
研究開発
2009年06月05日

入浴と浴中の柔軟体操が筋硬度や身体の柔軟性、アディポネクチンに与える影響について
-硫酸マグネシウム含有人工炭酸泉と沸かし湯の比較-
~第74回日本温泉気候物理医学会学術集会にて発表~

ツムラ ライフサイエンス株式会社

ツムラ ライフサイエンス株式会社(本社:東京都港区 社長:古賀和則)は、鹿児島大学病院霧島リハビリテーションセンター、鹿児島大学大学院医歯学総合研究科リハビリテーション医学と共同で、硫酸マグネシウム含有人工炭酸泉と浴中の柔軟体操が、入浴後の筋肉を柔軟にし、身体の柔軟性も増したという自覚もつきました。そしてこれらの傾向は硫酸マグネシウム含有人工炭酸泉の方が高いという結果でした。また、脂肪細胞から分泌される生理活性物質で動脈硬化を予防する善玉物質である「アディポネクチン」の数値は、硫酸マグネシウム含有人工炭酸泉で優位にあがり動脈硬化ついては改善傾向が示唆されました。
なお、本研究内容は第74回日本温泉気候物理医学会学術集会(2009年5月15・16日、つくば国際会議場)で報告しました。

背景

近年、健康上の悩みや気になる症状について、肩こり、腰痛が最も多く、入浴剤は、温浴効果による血行促進による痛みの緩和、筋肉などの緊張緩和、関節が動かしやすくなる等が期待されています(※株式会社バスクリン調べ)。そして、入浴時、入浴後など身体が温まっているときに、マッサージ、ストレッチなどを行うとさらに効果的であるといわれています。
また、近年問題視されている生活習慣病は、乱れた生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気で、乱れた食生活、運動不足、喫煙、飲酒などが主な原因と考えられています。高血圧症、糖尿病、高脂血症、痛風(高尿酸血症)などが代表的な生活習慣病で、加齢とともに誰もがなり得る病気であるため、その予防は大変意義があります。

目的

昨年当社は、硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤入浴が「快適度」、「温まり感」、「保温効果」に効果的であり、QOLの向上にとって有用であることを示唆しました。またその際に、動脈硬化に大きく関係する血管弾性についても好影響があることを示唆し、生活習慣病の一次予防として、健康維持にとって有用であると考えられることを報告しました。
今回、健常者を対象に、さら湯入浴、硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤を使用した入浴と浴中の柔軟体操を行い、筋肉の柔軟性や身体の柔軟性、そして自覚、更には生活習慣病の一次予防の可能性について検討を行ないました。

方法

対象 健常成人 8名
入浴条件 41℃10分間の全身浴と浴中の柔軟体操
柔軟体操:肩すぼめ、躯幹の回旋、下肢の伸展挙上: 各10回
浴用剤 硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤
試験フロー 安静 → 入浴 → 30分後まで測定。
硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤浴、入浴無(柔軟体操を行い、測定は筋硬度、自覚症のみ)
対照としてさら湯入浴
をそれぞれ実施
試験方法 被験者は、試験室にて安静馴化後、入浴後30分後まで各項目を測定
測定項目
  • 筋硬度、身体前屈、皮膚深部温、皮膚血流等を測定
  • 筋肉の緊張、関節の動かしやすさなどの自覚症評価はVASにより評価
  • アディポネクチン、脂質成分等は採血分析により評価

※すべての試験は、被験者に事前に試験内容を充分説明し、同意を得て行ないました。

結果

1)肩、腰の筋硬度

硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤浴、さら湯浴とも入浴後に肩、腰の筋硬度は低下し、腰の筋硬度の低下については、硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤浴で浴後30分まで柔軟化がみられました。

腰筋硬度(浴前:100) 肩筋硬度(浴前:100)

2)自覚症

入浴群は、入浴無し群と比べ、筋肉の緊張、疲労感、肩こり、腰痛、関節の動かしやすさ、身体の軽快感、リラックス感について、自覚症の改善がみられました。硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤浴は、さら湯浴と比較して、腰痛を除くすべての項目でより改善がみられました。

自覚症

3)血液分析

アディポネクチンは硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤浴で増加の傾向があり、低値の5名では有意に増加しました。その他、脂質成分については有意な変化はありませんでした。

アディポネクチン(浴前:100)

4)その他

  • 身体前屈については、硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤浴で改善の傾向がみられました。
  • 深部体温、皮膚血流については、硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤浴は、さら湯浴と比較して、入浴中、入浴後共に有意に高値を示しました。

考察

硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤浴は、さら湯浴と比較して、筋肉の柔軟性やVASの改善が得られ、皮膚深部温や皮膚血流の有意な上昇から、筋血流の上昇が改善に寄与した可能性があります。アディポネクチンは、硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤浴で増加しましたが、その機序は明らかではなく、インスリン感受性亢進作用、抗動脈硬化作用を有するアディポネクチンのこの増加は今後の検討が必要と考えます。
以上より、硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤浴と柔軟体操を組み合わせた入浴方法は、筋肉の柔軟性を増し、肩こり、腰痛等にも効果的であることが示唆され、筋肉の緊張、疲労感、関節の動かしやすさ、身体の軽快感、リラックス感等の自覚症改善がみられ、生活習慣病の一次予防として、健康維持にとっても有用であると考えられます。
また、温熱効果のあるミネラル成分を含有し、浴湯中で炭酸ガスを発生する浴用剤にも同様な効果が期待できると考えられます。

※硫酸マグネシウム含有炭酸ガス浴用剤については広報までお問い合わせください。

お問い合わせ先
マスコミの方のお問い合わせ先
マーケティング部 広報 石川
TEL:03-6327-2914 FAX:03-3453-8184
消費者の方のお問い合わせ先
お客様相談室 TEL:0120-39-8496
このページのトップへ