ニュース&トピックス
リリース
2021年01月13日

コロナウイルス感染拡大に伴う医療従事者の方々への入浴剤寄付について 株式会社バスクリン

このたびの新型コロナウイルス感染症により、罹患(りかん)された皆さまと、生活に影響を受けられている皆さまに、心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早いご回復をお祈りいたします。

株式会社バスクリン(本社:東京都千代田区 社長:三枚堂正悟)は、新型コロナウイルス感染症の治療・拡大防止のため、日々ご尽力いただいている東京都内の医療従事者の方々へ、少しでも体を休めるための一助になればと考え、昨年7月に続き、12月にも入浴剤を無償提供させていただきました。
入浴剤をはじめとする商品を通じて、社会の健康づくりに貢献することを経営理念に掲げている株式会社バスクリンでは、医療従事者の方々に敬意と感謝の意をお伝えするとともに、厳しい状況の中、少しでもお風呂でゆっくりと心身を休めていただけたらと考え、再度都内の各医療機関に入浴剤をお送りいたしました。

【社長メッセージ】
代表取締役社長 三枚堂正悟
「新型コロナウイルスの感染が東京都を中心に再び拡大し、医療従事者の皆さまにおかれましては、ご自身が感染リスクにさらされながら、心身ともに休まるときがない状況が続いていることと存じます。先行き不透明な日々が続きますが、わずかな休息となる入浴時間を入浴剤でサポートできればと願っております。」

【入浴剤提供概要】
支援物資:「きき湯カリウム芒硝炭酸湯」「きき湯食塩炭酸湯」計5,000包
対象病院:都内の感染症指定医療機関・診療協力医療機関のうち9病院

株式会社バスクリンでは、新型コロナウイルス感染症の収束を願いますとともに、医療従事者の方々をはじめ、皆さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。

お問い合わせ先
報道関係者の方のお問い合せ先
広報 後藤
TEL:03-3511-5817   FAX:03-3511-5830
このページのトップへ