1. トップ
  2. お客様サポート
  3. 雑学について
  4. 「バスクリン」は粉の色がオレンジなのに、溶かすと緑色になるのはなぜですか?

雑学について戻る

「バスクリン」は粉の色がオレンジなのに、溶かすと緑色になるのはなぜですか?

「バスクリン」に黄色202号の(1)「フルオレセインナトリウム」という色素が配合されており、この成分は粉末の状態ではオレンジ色で、水に溶かすと、緑色の、強い蛍光色を発生する性質を持っています。そのため「バスクリン」は、お湯に溶かすと黄緑色に変化します。

製品に関するお問い合わせ

皆様からのご質問の中から、お問い合わせの件数が多いものを「よくあるご質問」に掲載してあります。
お問い合わせの前に「よくあるご質問」をご参考にしてください。

※当社の製品以外に関するお問い合わせにはお答えできない場合がございます。

各種入浴剤、ボディソープ、育毛剤、浴室洗浄剤、キッチン洗浄剤のサンプル請求は、メール、お電話、おハガキともお受けしておりません。

※販売店についてのお問い合せは、地域により状況が異なるため、お電話でのみ承っております。

この情報はお客様のお役に立ちましたでしょうか?
送 信
このページのトップへ