1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 【お肌のお話】 SPF値は?塗り方は?美肌を守る「日焼け止め」の基礎知識
はぴばす:
入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

【お肌のお話】 SPF値は?塗り方は?美肌を守る「日焼け止め」の基礎知識

紫外線からお肌を守る大切なUVカット剤の選び方や塗り方のコツをご紹介
スキンケア

「美肌を守るには紫外線を防ぐことが大切」と広く知られるようになりました。「生活紫外線を防ぐために、外出しない日でも日焼け止めを欠かさない」「冬でもUVケア効果のある下地を使っている」という人も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、日焼け止めの上手な選び方や使い方をご紹介します。白くキレイな肌をキープするために役立ててくださいね。

ちょこっと復習!「SPF値」と「PA値」

「とにかくSPF値がポイント」「うるおい重視」「ウォータープルーフタイプがいい」など、日焼け止めを選ぶ基準はさまざま。ある調査によると、「SPF値」や「PA値」の高さで選ぶ人が多いという結果が出ています。

ところで、SPFやPAがどんなものか、すぐに答えられますか? 日焼け止めと上手に付き合うには、この2つの数値の理解が欠かせません。ぜひ覚えておいてくださいね!

【 SPF値とは 】
Sun Protection Factor(紫外線防御値)のこと。紫外線のうち、肌に赤みを引き起こすUVBを防ぐ時間の長さで、およそ20分=SPF1を示す。SPF20なら、20分×20=400分(6時間40分)。

【 PA値とは 】
Protection grade of UVAのこと。シミだけでなくシワやたるみの原因となるUVAを防ぐ効果の高さで、+~++++まで4段階の指数で示される。

「SPF50なら朝から夜まで紫外線カットできる」は本当?

例えば、SPF50の日焼け止めの場合、20分×50=1000分(16時間40分)。朝塗れば日が落ちるまでUVBから守ってくれるの?と思うかもしれません。ですが、そうとは限りません。

表示されているSPF値やPA値を実現するには、適切な量をきちんと塗ることが大前提。使用方法をよく読み、記載されている適量を使いましょう。適量を顔全体に塗ったら、もう一度日焼け止めを手に出し、首の後ろやデコルテにも忘れずに塗ってください。

日焼け止めの厚さが半分になると、紫外線を10倍も通してしまうといわれています。だからといってただ厚く塗るのではなく、ムラなく伸ばすのが大切。朝は忙しいからと日焼け止めをつい適当に塗っている人は、塗り方を見直してくださいね。

「合わせ技」で紫外線を賢くカット!

日焼け止めをきちんと塗っても、汗や皮脂で流れたり、洋服などでこすれたりすると、紫外線を防ぐ効果は落ちてしまいます。また、個人差がありますが、肌がすぐに赤くなるタイプの人は、同じ日焼け止めを塗っていても、UVBを防げる時間は短くなります。

つまり、2~3時間ごとに塗りなおすほうが、日焼け止めの効果をキープできるというわけです。「外出先で日焼け止めを塗りなおすのはちょっと・・・」という人は、UVカット効果のあるパウダーやスプレーなどをこまめに重ねるのがおすすめ。さらに、日傘や帽子で紫外線を物理的に防ぐなど、「合わせ技」も取り入れましょう!

知っていますか?日焼け止めの「2大負担」

前出の調査では、日焼け止めを選ぶときに肌への負担を気にしている人が多いこともわかります。SPF値やPA値が高い日焼け止めには、紫外線吸収剤が多く配合されているので、紫外線吸収剤が肌の奥まで浸透することで、肌への刺激になりがちです。

日焼け止めが肌に与える負担は、ほかにもあります。それは、「落とすために洗いすぎて乾燥すること」。ゴシゴシとこすったり何度も洗ったりすると、お肌の乾燥につながってしまうからです。

そこで、新しい日焼け止めを選ぶときは、塗ったときに刺激がないかを確かめるのはもちろん、洗うときの快適さもチェック!力を入れないと落ちない、クレンジングを繰り返さないとさっぱりしないという場合は、乾燥を招いてしまうかもしれません。

美白や下地など日焼け止め+αが続々登場!

1つのアイテムがいくつもの役割を持っている時短コスメが当たり前になった今、たくさんの効果を兼ね備えた日焼け止めが登場しています。例えば、美白成分が配合されている、スキンケア効果がある、肌色補正効果や下地効果を持っているなど、単なる日焼け止めに終わらないものがいっぱい。上手に選べば、朝のお手入れがスピーディーになりそうです。

それ、もしかして、去年の日焼け止め?

季節によって日焼け止めを使い分けている人は、日差しが強くなる頃に、「そういえば去年使っていたSPF値の高い日焼け止めが残っていた」と思い出すことがありませんか?

長期間放置すると、製剤が酸化してしまう場合があり、肌にとって望ましくありません。できれば、一度開封した日焼け止めは、シーズン中に使い切ってしまいましょう。

【プチまとめ】日焼け止めの上手な選び方&使い方
●適量をムラなく塗ってこその「SPF値」と「PA値」
●塗り直し+UVコスメ+日傘・帽子で「合わせ技」
●紫外線吸収剤とクレンジングが負担になることも
●1本で何役もこなす日焼け止めに注目
●開封したらシーズン中に使い切る

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ