1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 【二十四節気】2月「雨水(うすい)」
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

【二十四節気】2月「雨水(うすい)」

2月19日~3月5日(2018年)
季節の入浴法

この時期から雪にかわって雨が降るようになり、地上にあった雪や氷も溶けて水になって流れていきます。また、北日本と沖縄を除いた地域では、南寄りの強い風である「春一番」が吹くのもこのころです。草木も芽生えはじめ、昔から農耕の準備を始める目安の日となっていたそうです。

「寒の戻り」にはゆっくりとお風呂に

春がすぐそこまで来ているかのように、暖かいぽかぽか陽気が続いていたかと思うと、突然、冬のような寒さがぶり返すことがあります。これを「寒の戻り」といいます。一時的とはいえ、寒暖差が激しいので体調を崩しやすくなってしまいそうです。このような急に気温が下がった日には、ゆっくりとお風呂に入って体を温めましょう。入浴による「温浴効果」で副交感神経が刺激され、寒さで緊張した心や体がリラックスしやすくなり、質のよい睡眠を促してくれます。
※「温浴効果」について詳しくはこちら。

<この時期の行事、おすすめの過ごし方>

「桃の節句(ひなまつり)」
3月3日は女の子の健康と成長を願う節句で、ひな人形などを飾ります。ひな人形を飾るのは「雨水の日」が良いとされています。この雨水の日にひな人形を飾ると、良い伴侶に巡り合うといわれているそうです。

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ