1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 【今月の季節湯】10月は「生姜湯」
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム
生姜湯

【今月の季節湯】10月は「生姜湯」

美肌効果も!?湯上がりはいつまでもポカポカ
季節の入浴法

すっかり秋らしい気候になり、体の冷えが気になる季節ですね。
そんなときにオススメしたいのは「生姜湯」です。

生姜パワーの秘密

生姜には体を温める効果があることはよく知られていますね。
そのため、食べたり、また飲み物に入れたりと、普段の生活に取り入れている方も多いと思います。

生姜成分としては、辛味成分であるショーガオールとジンゲロールが有名ですが、新鮮な生の生姜にはショーガオールは殆ど含まれておらず、蒸すなど加熱することによってできてくる成分です。漢方では、発汗させる目的ではジンゲロールの多い生姜を、体を温める目的でショーガオールの多い生姜を用います。

生姜湯に浸かり、生姜の持つパワーをいただいちゃいましょう!

生姜の持つ薬効成分は、口から取り入れるだけではなく、生姜を入れたお風呂「生姜湯」で体感することができます。
生姜を浴槽に入れた生姜湯では、ショーガオールの働きにより体が芯までじんわりと温まり、血行が促進されますので、冷え症や肩こりといった症状の和らぎが期待できそうです。そして新陳代謝が良くなることから発汗作用も促され、湯上がりはいつまでもポカポカです。
さらにジンゲロールの免疫作用は、ショーガオールとの相乗効果により体が温まり、風邪をひいたときなどに効果的に働いてくれるのではないでしょうか。

また、生姜にはタンパク質を分解する酵素も含まれているので、体の汚れが落ちやすくなるとも言われていますので美肌効果までありそうです。
ゆっくりと生姜湯に浸かりながら、爽やかな生姜の香りに包まれれば、スッキリとした気分も味わえそう。生姜はまさに万能な生薬といえそうですね。

<生姜湯の作り方>

1.市販の生姜をひと握り分(80g)をすりおろします。
2.すりおろしたものを布袋にいれて、浴槽に浮かべます。
3.絞り汁もお湯に入れかき混ぜます。
(『湯の国Web』より)

※お肌の弱い方は肌荒れをおこす可能性がありますので、ご注意ください。また、万が一お肌に異常が現れた際はお医者様にご相談ください。なお、お試しの際は安全のため、浴槽および給湯器メーカーに利用の可否をご確認ください。

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ