1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 【今月の季節湯】3月は「蓬湯」
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

【今月の季節湯】3月は「蓬湯」

世界中で愛される万能ハーブ「蓬(よもぎ)」
季節の入浴法

古くから人々の生活に取り入れられ親しまれてきた蓬。日本では「蓬餅」や「天ぷら」などの食材として使われたり、美しい若草色に染め上がる「草木染」の材料に、また薬草などに重宝されてきました。昔の日本の子供たちはかけっこなどで転んだ際、傷口に手で揉んだり石で潰した蓬の葉を貼っていたほど身近な植物なのです。

ヨーロッパでは「アブサン」などの薬草系リキュールとしても有名です。中国や韓国では生薬として長い歴史のある万能ハーブといえるでしょう。

お風呂でも発揮される蓬パワー

漢方では生薬として「艾葉(がいよう)」と呼ばれる蓬。艾葉という言葉には「病を止める」という意味があります。抗菌作用、消炎作用、収れん、止血作用、鎮痛、冷えに効くとされています。その蓬を煮だして作った蓬湯に入ると、血流量が増えて血行が促進され、体が温まることがわかっています。血行の促進とともに鎮痛作用なども相まって、肩こりや神経痛などにも効果的です。肌荒れにもおすすめです。

テルペン成分を含んだ爽やかなアロマを楽しむ

スッキリとした爽やかな香りは、精油成分のテルペンによるものです。草原にいるようなフレッシュな香りがリラックスさせてくれます。生の葉を使って蓬エキスたっぷりの蓬湯を作ってみましょう。

<よもぎ湯の作り方>

1. 汚れを落とした生の蓬(よもぎ)の先端から約20cm程度の若い葉を5~6本ほど細かく刻んで鍋に入れ、水から煮出します。
2. 10~20分ほど沸騰させたら煮汁を漉してお風呂に入れます。
(『湯の国』より)

※お肌の弱い方は肌荒れをおこす可能性がありますので、ご注意ください。また、万が一お肌に異常が現れた際はお医者様にご相談ください。

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

登録内容変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ