1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 【今月の季節湯】4月は「桜湯」
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

【今月の季節湯】4月は「桜湯」

日本人にとって特別な植物「桜」
季節の入浴法

春といえば桜の開花シーズンです。日本人にとって特別な思い入れのある「桜」は日本文化にも色濃く影響を残してきました。蒔絵や絵画また工芸品をはじめ、短歌や俳句、食、和装などのファッションにも取り入れられています。現在でもさまざまな人生の節目のシーンや、古くからの習わしであるお花見など、日本人の生活には欠かせない植物です。

お風呂でも桜を存分に堪能!

「桜湯」と聞くと、桜の花を浮かべたお風呂をイメージするかもしれませんが、花ではなく樹皮を使います。桜の枝は生花店などでも売られているので比較的手に入りやすく、花を楽しんだ後に樹皮を使えば、丸ごと桜を楽しむことができますね。

「桜皮」は日本由来の漢方薬

桜の樹皮である「桜皮」は、江戸時代に中国の漢方をヒントにして作られた日本独自の生薬です。フラボノイド(サクラネチン、ゲンカニン、サクラニン、グルコゲンカニンなど)を含有しており、咳止めにも使われています。また、肌の湿疹、蕁麻疹、あせもなどに効果があり、桜皮を使った桜湯で肌トラブルの改善も期待できそうです。また、湯気を吸い込むことで喉にも優しく、やわらかな香りもあるのでリラックスできそうです。見て美しく、お風呂にも使える桜を思う存分活用しましょう!

<桜湯の作り方>

1. 桜の樹皮を剥いで刻み、天日干しをして乾燥させます。
2. 乾燥させた樹皮を布袋またはお茶パックなどに入れます。
3. 袋と水を鍋に入れ、15分〜20分煮出します。
4. 煮汁と袋を湯船に入れます。
(『湯の国』より)

※生花店で購入またはご自宅の桜の木を使いましょう。公共の桜を破損することはできません。
※お肌の弱い方は肌荒れをおこす可能性がありますので、ご注意ください。また、万が一お肌に異常が現れた際はお医者様にご相談ください。

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ