1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 【今月の季節湯】9月は「菊湯」
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム
菊湯

【今月の季節湯】9月は「菊湯」

菊の初秋の香りで夏の疲れをほぐしましょう
季節の入浴法

夏から秋への変わり目は、夏の猛暑や冷房による冷え過ぎなどもあって、体調も崩しがちです。
そんな体調を崩しやすい初秋におススメなのが「菊湯」です。
菊にはカンフェンという精油成分が含まれており、皮膚を刺激して血行を促進し、老廃物の代謝を活発にする働きがあります。保温効果も高いので、夏の疲れをほぐすにはピッタリです。菊の初秋の香りは疲れを優しく癒やしてくれそうです。

菊湯に使用する「菊」ですが、平安時代に中国から伝わりました。神農本草経にも収載されており、漢方などにも利用されていたようです。
日本でも、邪気払いや長寿の効能があるとされる菊を用いて、9月の重陽の節句には貴族たちが宮中行事で、菊の花をかぶせた真綿で体をこすって健康を祈ったり、菊を浸したお酒を飲んで、体をいたわっていたそうです。
それが時代とともに一般にも広まり、重陽の節句には菊をお風呂でも楽しむようになりました。
あなたも重陽の節句のこの時期「菊湯」で季節を感じてみてはいかがでしょう。

<菊湯の作り方>

菊湯に用いるのは、野生で多くみられるキク科キク属の多年草「リュウノウギク」という種類です。
1. 秋に花が咲いている時に地上部を茎ごと刈り取り、陰干しをして、細かく刻みます。またはその都度葉をつみ取り、生のまま使います。
2. ふたつかみほど(30g)を布袋に入れます。
3. 上から熱湯をかけて15~20分ほど蒸らし、汁ごと風呂に入れ、よくかき混ぜます。または少し多めの量を布袋に入れ、水から沸かす方法もあります。
生のままの香りを楽しんでみましょう。
(『湯の国Web』より)

※お肌の弱い方は肌荒れをおこす可能性がありますので、ご注意ください。また、万が一お肌に異常が現れた際はお医者様にご相談ください。なお、お試しの際は安全のため、浴槽および給湯器メーカーに利用の可否をご確認ください。

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ