1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. お風呂でスキンケアのススメ
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

お風呂でスキンケアのススメ

入浴後、体を拭いてそのままにしていませんか?それがカサカサ肌の原因かも?
入浴剤

カサカサ肌に悩む時期、といえば冬。
空気がカラカラになる冬は、お肌もカサカサ!
春は冬に比べると多少湿度は高くなってくるものの、 相変わらず空気は乾燥しています。
お肌の乾燥対策は、春もしっかりと!

line_bubble

うるおいとカサカサのメカニズムとは?

カサカサ肌にうるおいを与えるには、入浴が効果的。温かいお湯は、1日の汚れと一緒に皮脂も落とします。皮膚を覆っている皮脂が取れると、一時的に角質層へ水分が入るため、お肌には、肌本来のうるおいが戻ってきます。入浴時やお風呂上りの肌がみずみずしくなっているのはこうした理由からなのですね。
とはいえ、入浴後、水分をふき取ってそのままにしておくと、肌がカサカサしてきます。
カサカサの原因は、入浴によって、皮脂が落ちてしまったこと。皮脂には、皮膚の表面にある「フタ」の役目もあるのですが、このフタがなくなると、入浴時に角質層に入り込んだ水分が、どんどん外に出て行ってしまいます。入浴時や入浴直後はみずみずしさでいっぱいだった肌も、少し時間がたつと、入浴前よりも肌の水分が少なくなってしまうことがあるのです。

女性の場合は、入浴直後に化粧水や乳液などでお顔のケアをする方がほとんどでしょうから、「顔のカサカサ予防」は、季節に関係なく習慣化しています。しかし、ボディのケアはどうでしょう? 寒い季節は肌がカサカサしてかゆみもひどくなり、ボディ用のクリームやかゆみ止めなどが手放せない、という話もよく聞きます。

スキンケアタイプの入浴剤でケア

そこでおすすめしたいのが、スキンケアタイプの入浴剤。入浴剤を入れて入浴するだけで、ボディ全体のスキンケアができ、カサカサを防いでくれます

株式会社バスクリンの入浴剤は、いずれも「香り+肌へのうるおい」を考えて開発されていますが、空気が乾燥する時期は、スキンケアタイプの製品をお使いいただくことで、よりお肌への効果がアップします。

入浴時のポイントは、お風呂から上がる直前に、もう一度スキンケア入浴剤の入ったお湯に浸かること。体や髪を洗うときは、シャワーを使用する方も多いと思いますが、バスタイムの〆は入浴剤の入ったお湯に入って、もう一度リラックス&お肌のケアを!

春もスキンケアタイプの入浴剤で、しっとりお肌をキープしてくださいね。

line_bubble

硫酸ナトリウムとホホバオイルが配合された入浴剤を入れたお湯と、
さら湯との水分量比較実験では、図のような結果に。
入浴剤を使用すると、さら湯で入浴した時よりも、
肌の水分量が多くなっていることがわかります。

※硫酸ナトリウム:
代表的な温泉成分。入浴剤の成分のひとつとして用いられます。
典拠:
宍戸吉浩 他「浴用剤の保湿性に関する研究」『日温気物医誌』第52巻(2)、pp.97-103、1989年。
ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ