1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 食べて、入浴で、取り入れようしょうが(ショウキョウ)
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

食べて、入浴で、取り入れようしょうが(ショウキョウ)

一番取り入れやすい生薬といえば、生姜。その生薬としての薬効を改めてご紹介します
入浴トリビア

「しょうが」は、私達の食生活に欠かせない食材です。とくに秋~冬の寒い時期は、使用頻度が高くなる、という方も多いのでは? 今回は、普段何気なく使用しているしょうがの効果を徹底追及。「しょうが」を知ることで、もっともっとしょうがを好きになっちゃいましょう。

line_bubble

「生薬」としてのしょうがの効能

「生薬(しょうやく)」とは、天然に存在し、薬効を持つ産物を乾燥させた薬のことで、しょうがの生薬名は「ショウキョウ」。ショウキョウには、抗炎症、抗菌作用、吐き気止め、解毒、消化促進、血行促進などの作用があるため、胃腸系や風邪、冷えなどの症状を緩和する効果を持つ漢方薬に多く配合されています。

いつもの食事にも薬効アリ!

しょうがを「薬」として考える際、日本では漢方薬のように乾燥させたものを指しますが、漢方の本場中国では、乾燥させたものだけではなく、生のしょうがも「薬」ととらえられています。これは、「薬食同源」(やくしょくどうげん)という考えに起因したもので、つまり、薬と食べ物は同じで、食べ物にも薬効がある、ということ。かつて中国では、どの家の庭でもしょうがを育成していて、毎日の料理に使用されていたそう。でも、考えてみれば、日本でも昔から生のしょうがは料理の香りづけや薬味によく使われていますから、私たちも無意識のうちに薬効のある「しょうが」を、食生活のなかに取り入れていたのですね。
しょうがには、「食」として体内に取り入れることによって、体のなかから体全体を温める効果があります。そのため、秋から冬にかけての寒い時期は、しょうがの効果のなかでももっとも知られている、この「温め効果」をぜひ活用したいもの。生姜湯、ジンジャーティー、スープ、しょうが焼き、お菓子など、しょうがを飲み物や料理にどんどん活用して、寒い季節を乗り切りましょう。

もっとも身近な生薬といえば…しょうが(ショウキョウ)_1

外食時にもしょうがを

なかなか料理をする暇がない、という方には、チューブ入りのすりおろしたしょうががおすすめ。持ち歩きできますから、マイ箸感覚でバックにひとつ入れておけば、外食時にも手軽にしょうがを摂ることができます。紅茶に少し入れたり、汁物などに少し加えるだけで、風味が増し、体もポカポカになりますよ。

独特の辛味もしょうがの魅力

しょうがには、独特の辛味と香りがあります。辛味が強いと、胃などに負担をかけてしまうのでは? と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、しょうがの辛味による刺激はさほど強いものではありません。むしろ、胃への負担とは逆に、胃腸の働きを促してくれることも、しょうがの嬉しい特徴です。ただ、辛さが気になるときは、生で大量に摂ることは控え、スープや炒め物の香り付けなど、加熱して摂るほうがよいかもしれませんね。とはいえ、日本のしょうがは海外のものと比べると刺激がマイルド。インドや中国で食されるしょうがは、もっと辛く、刺激も強いのです。

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ