1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 入浴の清浄効果でスッキリ、キレイに
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

入浴の清浄効果でスッキリ、キレイに

「清潔」がスキンケアの基本!清浄効果を高める成分は炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウム
入浴剤

入浴剤を入れてゆっくり入浴すると、リラックスできたり、肌がうるおったり、など、さら湯で入浴するとき以上の効果を得られることが多いもの。でも、意外と知られていないのが、入浴によるお肌の清浄効果。今回は、スキンケアの基本ともいえる清浄効果を追及してみました。

line_bubble

清浄効果って、どんなもの?

入浴時の清浄効果というと、洗い場で体や髪の毛を洗って清潔にすることをイメージしがち。湯船と洗い場が分かれていることが多い日本のお風呂場では、お湯に浸かっているとき、リラックス感や気持ちの良さは実感しても、「清浄効果」については、あまり意識しないのではないでしょうか。
ところが実は、お湯に浸かるだけでも清浄効果はあるのです。また、入浴剤を使用すれば、有効成分によって、さら湯よりも「清浄効果」がアップ。では気になるその有効成分とは?

パッケージの成分表示をチェック

入浴剤のパッケージには、<有効成分><その他の成分>という成分表示欄があります。そこには、さまざまな成分が表記されていますが、清浄効果を高める成分として代表的なものは、「炭酸水素ナトリウム」、「炭酸ナトリウム」のふたつ
両成分とも、お湯のpHを高め、湯質をアルカリ性にすることで、清浄効果を高める効果があります。しかし炭酸水素ナトリウム(重曹)は、湯質を弱アルカリにし、おだやかな清浄効果となりますが、炭酸ナトリウムはアルカリ度が強くなりがちで、皮脂の流れ落ちる量が多く、浴後の乾燥が進んでしまいます。

これからの季節にピッタリの入浴剤は?

春から夏に向かい、これからは、汗をかく機会が多くなります。体のベタベタ感が気になる時期は特に、炭酸水素ナトリムを有効成分として多く含まれている入浴剤を使用して、お肌をスッキリさせましょう。

株式会社バスクリンの製品には、「炭酸水素ナトリウム」、「炭酸ナトリウム」の成分もよく使用されていますが、なかでも、日本の名湯シリーズの「道後」「美作湯原」、そして「バスクリンクール」は、有効成分として利用されていますので、より清浄効果の高さが期待できます。これからの季節に、ぜひお試しください!

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ