1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 冬本番! 「カサカサお肌」をお風呂でケア
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

冬本番! 「カサカサお肌」をお風呂でケア

風呂上がり直後のケアが肝心!スキンケア入浴剤を上手に活用してカサカサ肌撃退!
入浴TIPS

いよいよ冬本番を迎え、どんどん寒くなってきました。寒風にさらされて、手も頬も体もすっかり乾燥していませんか?体のあちこちが痒くなってせっかくのきれいなお肌がひっかき傷だらけ、なんてことはありませんか?そんな冬には、お風呂で「カサカサお肌」をケアしてみてはいかがでしょう?

line_bubble

お風呂上がりの乾燥にご注意!!

お風呂では、温かいお湯が汚れと一緒に皮脂を流し落とします。体を覆っている皮脂が取れるため、一時的に角質層へ水分が入り、うるおいのあるみずみずしいお肌になります。お風呂で自分の肌を鏡で見ると、なんだかみずみずしいなと思うことがあるのはそのせいです。
しかし、皮脂が落ちたということは、角質層に入り込んだ水分を閉じ込める「フタ」がない状態ということ。
お風呂を上がるとすぐ、どんどん肌は乾燥していきます。20分もそのままにしておくと、お風呂に入る前よりも肌の水分量が少なくなっていることも。だからお風呂上がりの肌には、乾燥防止のためのスキンケアが大切なのです。
こうしたお風呂上がりの乾燥からお肌を守ってくれるのが、スキンケアタイプの入浴剤です。

スキンケア入浴剤のメリット

お風呂上がりに乾燥するのは、手足や顔だけではありません。手の届きにくい背中も乾燥しています。手足や顔には、湯上がり後にすぐローションや乳液でケアできますが、背中はどうでしょう?ボディクリームを背中のすみずみまで塗るのは難しいですよね。スキンケア入浴剤のメリットは、お風呂に浸かるだけで全身のスキンケアが簡単にできるということです。お風呂を上がる前に、もう一度スキンケア入浴剤の入ったお湯に浸かると、乾燥対策にも効果的です。お風呂上りにシャワーを浴びるという方もいらっしゃるはず。そんな方は、あらかじめスキンケア入浴剤の入った上がり湯を洗面器に作っておき、 シャワーを浴びた後にさっと背中にかけてみては?スキンケア入浴剤はこんな風に、お風呂から上がる前の乾燥対策にも使えます。お風呂上がりの肌を乾燥しないようにきちんとケアしてあげれば、お布団の中で背中や足がかゆくて寝つきが悪いということもなくなり、ぐっすり眠れるにちがいありません。

お風呂でフェイシャルエステはいかが?

もうひとつ、バスタイムを利用してクレンジング効果を高めるアイデアがあります。バスタブに浸かる前に、クレンジングでお化粧を落としてから洗顔するという「W洗顔」派の女性も多いことでしょう。早くお化粧を落としてきれいにしてから、バスタブに浸かりたいですよね。けれど、いつもの順番を変えて、まず湯船で体を温めてからクレンジングしてみてはいかがでしょう?
お化粧を落とさずに、まずバスタブに浸かって体を温めます。温まってうっすらと肌に汗がでてきたら、毛穴が広がってきた証拠。汗と一緒に、毛穴に残っているファンデーションや汚れも浮き上がってきているはずです。そこで初めてクレンジングをすれば、お化粧や毛穴汚れもしっかり落とせます。
ただし肌に必要な皮脂も取れてしまいますので、お風呂上りにはオイルやエッセンスでしっかりと肌をケアしてあげてくださいね。

図1:さら湯と芒硝+ホホバオイル配合浴用剤との水分量比較

*典拠:宍戸吉浩 他「浴用剤の保湿性に関する研究」『日温気物医誌』第52巻(2)、pp.97-103、1989年。

 

line_bubble

これから、本格的な乾燥の冬を迎えます。スキンケア入浴剤や入浴アイデアで冬の「カサカサお肌」対策を行い、乾燥肌に悩まされることなく、冬もしっとりつるつるお肌をめざしませんか?

 

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ