1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 名湯案内 北海道 十勝川温泉
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

名湯案内 北海道 十勝川温泉

世界でも珍しい“モール温泉”は ツルツルの肌になると評判の美人の湯
温泉

2004年、北海道遺産に選定!

北海道の全面積の10%を占めるといわれる、広大な十勝平野。その中央に位置する音更町に、十勝川温泉はありま す。ここの湯はモール温泉として有名。「モール」とはドイツ語の「湿原(泥炭地)」に由来するそう。数百万年前、大きな内湾だった十勝平野周辺の湿原に は、長い年月をかけて泥炭が堆積。その泥炭が亜炭層となり、亜炭層を通して湧き出ているのがモール温泉というわけです。植物性の有機質を多く含み、肌がツルツルになるので、「美人の湯」とも言われています。モール温泉は世界的にも希少で、2004年、未来へ引き継ぎたい北海道の財産として、「北海道遺産」 にも選定されました。


アルカリ性単純泉~弱食塩泉。特徴はなんといっても琥珀色の湯。

line_bubble
 

モール温泉を楽しめるホテル&旅館も充実


十勝川の河畔に佇む「観月苑」の大浴場。

十勝川温泉街には十勝川温泉には9軒のホテルや旅館があり、それぞれモール温泉を存分に楽しむことができます。宿泊しなくても、日帰り入浴が可能なところがほとんどなので、いろいろな温泉を巡ってみるのもおすすめです。


「観月苑」の露天風呂からは雄大な十勝の景観が!


「豊洲亭・豆湯亭」の展望露天風呂からは日高山脈、十勝川を眺めることができる。


「豊洲亭・豆湯亭」の庭園露天風呂。


湯につかりながらマッサージも楽しめる「豊洲亭・豆湯亭」のジャグジー。


「ホテル大平原」の大浴場。他にエステバスや露天風呂もあり。


小高い丘の上にある「丸美ケ岡温泉ホテル」の森林に囲まれた大浴場。素泊まりのホテルで、別に家族風呂もある。

 

line
 

温泉と共に四季折々の大自然を満喫

雄大な自然に囲まれた十勝川温泉。周辺にはそんな大自然を体感できるスポットが盛りだくさん。温泉街の北側にある十勝が丘公園に、公園から 高台をあがれば、十勝平野を一望できる、十勝が丘展望台も!また、熱気球体験や十勝川カヌーツアー、スノーモービル体験など、アウトドアを満喫できる「十勝川温泉ネイチャーセンター」も、是非立ち寄りたい場所です。


十勝の絶景が望める十勝が丘展望台。どの季節に訪れても、四季折々の魅力が感じられる。


十勝が岡公園内にある足湯。モール温泉を気軽に無料で楽しめるとあって大人気!


12月初旬〜3月中旬にかけて、十勝川温泉近くの十勝川河畔では白鳥の飛来も見られる。


十勝が丘公園で行なわれる光と音のファンタジックショー「彩凛華(さいりんか)」は、一度は見てみたい毎冬の一大イベント。

年間約60万人が訪れるという、道東を代表する十勝川温泉。春夏秋冬、季節によって違う表情を見せてくれるのも大きな魅力。温泉も季節ごとに様々な楽しみ方ができそうです。

line


十勝川温泉観光協会
ホームページ

交通アクセス

北海道 十勝川温泉2

飛行機
東京から
東京(羽田)—とかち帯広空港
車で、音更帯広IC—十勝川温泉まで約25分

電車
北海道内から
札幌駅から「スーパーおおぞら・とかち」で帯広駅下車、 車で、音更帯広IC—十勝川温泉まで約25分

釧路駅から「スーパーおおぞら」で帯広駅下車、車で、音更帯広IC—十勝川温泉まで約25分車

北海道内から
札幌駅から都市間高速バス「ポテトライナー」で帯広駅下車(一部、十勝川温泉下車)、音更帯広IC—十勝川温泉まで約25分

旭川駅から都市間高速バス「ノースライナー」で帯広駅下車、音更帯広IC—十勝川温泉まで約25分

新千歳空港から都市間高速バス「とかちミルキーライナー」で帯広駅下車、 音更帯広IC—十勝川温泉まで約25分
line

ひとことコラム

北海道 十勝川温泉4

十勝が丘展望台から眺める冬景色。もくもくと見える白いけむりのようなものは、モール温泉の湯けむり?…と思いきや、これは十勝川に現れる“雲龍”なん です。十勝川にかかる霧が、龍のように見えることから、そう呼ばれているそう。毎年、冬になると、この“雲龍”を観るためのツアーも人気とのこと。

 

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ