1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 実は最も身近な漢方「甘草(カンゾウ)」
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

実は最も身近な漢方「甘草(カンゾウ)」

生薬として、甘味料として食品・化粧品・入浴剤などに幅広く配合されています
入浴トリビア

甘草(カンゾウ)といえば、漢方薬を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。確かに甘草は、たくさんの漢方薬に配合されている生薬ですが、実は、薬よりも私たちのくらしそのものに、深く根付いている生薬なのです。

line_bubble

生薬としての甘草

甘草は、数ある生薬のなかでも、漢方薬に処方される頻度がとても高い生薬のひとつ。効能は、消炎作用がよく知られていますが、甘草の場合、こうした効能だけではなく、他の薬とよく調和することも、使用頻度の高さにつながっているようです。
日本でも古くから栽培され、江戸時代には、薬用植物として幕府に納められていたとか。山梨県にある「高野家」は、八代将軍徳川吉宗に甘草を納めていた家として知られ、今なおその屋敷は、重要文化財旧高野家住宅(別名:甘草屋敷)として、山梨県の塩山駅近くに保存されています。

実はこんな身近な食品にも!

このように、生薬としてのイメージが強い甘草ですが、実際は、生薬として使用されるよりも、甘味料として使用されることのほうが多いのです。甘草の主成分であるグリチルリチンの特長は、強い甘味。そのため日本では、醤油、味噌、漬物の甘味料の一部としてよく使用されていますし、海外でも飲料やリキュールの添加物として使われています。
また食品だけでなく、化粧品、入浴剤、シャンプーなどにも配合され、その場合は「グリチルリチン酸ジカリウム」「甘草由来成分」「甘草エキス」などと表記されています。実は、株式会社バスクリンの商品、たとえば入浴剤やモウガシャンプーなどにも、甘草は配合されているんですよ。
まさに甘草は、私たちの生活にしっかりと根付いている生薬なのですね。

「芽甘草」って甘草のこと?

ところで、春先になるとたまに見かける高級野菜のひとつに「芽甘草」というものがあります。一瞬、甘草の芽?と思ってしまいますが、「芽甘草(芽萱草)」はユリ科のカンゾウの芽。生薬の甘草はマメ科で、まったくの別物なのです。でも似た名前となると、ちょっと食べてみたくなっちゃいますよね。

実はこんな身近なところに…甘草(カンゾウ)_1

現在はどこで栽培されているの?

これだけ身近なものに多く使用されているとなると、日本国内だけでも、甘草の消費量はかなりの量になるはず。しかし、現在日本で使用されている甘草は、ほぼ100%が輸入品。安価な原料が中国から輸入されるようになってからは、日本ではほとんど栽培されなくなりました。近年では、資源の枯渇が懸念されるようになってきたため、国内外での栽培研究も行われているとの話はあるものの、なかなか簡単にはいかないようです。

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ