1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 泉質に詳しくなろう
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

泉質に詳しくなろう

【温泉科学プロジェクト】「温泉」とは改めてどんなものなのか、研究し続けてきたバスクリンがご紹介!
温泉

温泉を語る時よく耳にする「泉質」という言葉があります。簡単に説明すると「その温泉に、どんな成分 がどのくらい溶けているか(溶存物質量)を分かりやすく分類したもの」ということ。泉質が定められた歴史には、以下のような経緯がありました。

昭和23年 温泉法により「旧泉質名」を制定。 - 一部の旧泉質名はこの制定以前(明治9年)より、「鉱泉試験法表式」にて公となり、使用されていたことが確認されています。 特長)「単純炭酸泉」「重曹泉」のように日常的に馴染みのある表現が多い。 昭和54年 「新泉質名」を施行。 - 特長)「ナトリウムー塩化物泉」のように溶存物質の多いものを化学成分名で併記。 昭和57年 「掲示用泉質名」を施行。 - 特長)「新泉質名」のわかりにくさを解消した平易な表現を用いている。

泉質は温泉の脱衣所などに掲示されていますが、3つ併記されていたり1つだけだったりと表示の方法は様々。今回は、これら3種類の泉質の表示の違いと読みとり方を、泉質対照表を使って解説していきましょう。

1. まずは、掲示用泉質名と新泉質名を比べてみましょう!

pic02_02

上の泉質対照表の赤で囲んだ部分のうち、掲示用泉質名の「炭酸水素塩泉」と、新泉質名の「ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉」に注目してください。この一見複雑な新泉質名を分解すると以下のようになります。

pic02_03

さて、ここで不思議なのは、見え方としては後回しになっているかのような陰イオンの「炭酸水素塩」が、掲示用泉質名に採用されていることです。しかし、これには理由があるのです。泉質対照表で他の新泉質名を見るとわかるように、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどは多くの泉質に含まれる成分です。そのため、温泉の科学的性質は、陰イオンの種類によって決まることが多いのです。つまり「陰イオンの 性質がその温泉の個性や性質を表現するのに適している」という判断から、掲示用泉質名ではこれを採用しているというわけです。

泉質対照表を見る

 

2.次に、掲示用泉質名と旧泉質名を比べてみましょう!

さて、今度は旧泉質名も交えて比較してみましょう。
先ほどの泉質対照表の赤で囲まれた3つの泉質表示を図解すると、以下のようになります。

pic02_04

このように旧泉質名の物質は、実は新泉質名と同じものを指しているのです。旧泉質名の方が身近でシンプルなため、泉質を読み解いたり効果をイメージする時に役立ちそうですね。以下、旧泉質名の中でも気になる成分をピックアップしてみました。

食塩 保温効果が高く血液循環を良くする。湯冷めもしにくく、塩分による消毒効果も。
硫黄 毛細血管の拡張作用があり、高血圧や動脈硬化に良いとされる。皮膚の角質を軟化する効果も。
明礬
(みょうばん)
殺菌消毒作用や保温性が高く、貧血や月経障害、皮膚疾患、水虫に良いとされる。
土類 泉質ではカルシウムなどのアルカリ土類金属を指す。鎮静作用や炎症を抑える作用がある。
苦味
(にがみ)
マグネシウムを多く含み血糖値を下げ、脳卒中や動脈硬化に良いとされる。

掲示用泉質名での泉質の特長は「効能・泉質早見表」
 
いかがでしたか? 泉質を知れば体調や健康状態に合わせて、温泉を選ぶこともできるようになりますね。次回温泉に行った時には、素通りせずにぜひ泉質表示をチェックして、その効果を味わってみてください!

line_bubble

徹底した泉質研究と高い再現性への思い

業界初の温泉入浴剤を開発したバスクリン(当時ツムラ)にとって、泉質の研究と再現には強いこだわりがあります。「日本の名湯」発売に向けて、当時の開発メンバーがまず取り組んだのが、まさに「温泉成 分=泉質を出来るだけ忠実に再現する」ということでした。しかし、当時、温泉分析表は今ほど注目されておらず、文献も古いものばかり。そこで、全国の温泉地に依頼して、分析表を送ってもらうことにしたのです。各地の温かい協力を得て、当時集まった温泉分析表は500以上も! しかし、実際に分析表を見てみると、風呂釜を傷めるなどの理由で配合できない成分も多数…。度重なる検討の結果、本物の泉質にこだわるためにも、入浴剤に使える成分で構成されている温泉だけを選ぶ決断を下しました。また、今回の「泉質に詳しくなろう」にも登場した、泉質を決める重要な要素である、陽イオン・陰イオンの上位3成分の当量比を可能な限り温泉地に近づけるという課題を自らに課し、実現したのです。「日本の名湯」は温泉と全く同一成分ではありません。しかしそこには、温泉地の方の協力のもと、温泉を化学し技術の粋を集めた結果による、凝縮された温泉成分が配合されていると言っても過言ではありません。またこのような本物へのこだわりを消費者の方に知っていただくために、パッケージ裏にはイオン表を表示しています。次回「日本の名湯」を手にとる時には、ぜひご覧ください。

line_bubble

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ