1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 美肌を目指すお風呂術
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

美肌を目指すお風呂術

毎日のお風呂で美肌を目指す入浴術 3ヶ条
入浴TIPS

忙しいからと、シャワーで済ませがちな人も多くいらっしゃるお風呂事情。でも入浴は、身体を温めるだけでなく、その入り方によっては肌をいたわり、美肌に近づける可能性を秘めているのです。

(1)お湯は「ぬるめ」(38~40℃)

42℃以上の熱いお湯は、肌にとって必要な皮脂を取り過ぎてしまい、入浴後、乾燥が進みます。
肌のためには、38〜40℃のややぬるめのお湯が◎。

(2)全身が温まるまでゆっくりつかる(10~20分)

さらにぬるめの湯にゆっくりつかれば、身体の芯まで温まり、毛穴も開き、それだけで皮膚の汚れを落と
すことが可能です。ただし肌をふやけさせるほどの長湯は禁物! またカラダを洗う場合、ゴシゴシと強
くこするのは、角質層を傷めてバリア機能を損ねる原因に。注意しましょう。

(3)保湿成分配合の浴用剤を上手に利用する 

入浴で身体が温まった肌は、膨潤して一瞬うるおっているように見えますが、その後気化熱により肌の水分が奪われたり、皮脂もとれて乾燥しやすい肌状態に陥ってしまいます。さらに、入浴中に肌のうるおいを保つ天然の保湿因子”細胞間脂質”が湯船に溶け出してしまっているため、乾燥が進行してしまうのです。お風呂上がりに即スキンケアをされている方も実際多くいらっしゃると思います。もちろんアウトバスのケアも大切ですが、特に乾燥が気になる方は、湯船でも保湿ケアをしてみてはいかがでしょうか? 難しく考える必要はありません。湯船に保湿成分配合の入浴剤を入れるだけの手軽さです。 保湿成分が入浴中に皮膚角層に吸着・浸透してくれるため、お風呂上りもしっとり肌を保てますよ。

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

登録内容変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ