1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. お風呂が美白につながるって本当!?
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

お風呂が美白につながるって本当!?

入浴で血行促進&ぐっすり睡眠がキレイのカギ
入浴と香り

日焼けによるシミをつくらないよう、日頃から美白ケアをがんばっている方も多いはず。じつは香りのいいお風呂に入ることも、透明感のある美しいお肌を取り戻す立派な対策になりえます。

line_bubble

なぜ日焼けでシミができる?

日焼けで黒くなるのは、肌で「メラニン」が生成されるから、というのは多くの方がご存知のはず。このメラニン、シミの天敵のように扱われがちですが、黒くなることで肌の奥への紫外線の侵入を防いでくれる、いわば自然の防御反応です。紫外線を浴びなくなれば、肌の新陳代謝(ターンオーバー)とともにメラニンが排出され、再びもとの肌色に戻るのが通常の仕組み。が、何らかの理由でターンオーバーが滞ったり、メラニンの生成が過剰になったりすると、シミの原因となるのです。

なぜ美白にお風呂が関係する?

では、シミを防ぐためにはどんなアプローチがあるのでしょうか。化粧品など、美白を目的としたアイテムには、大きくわけて以下の3つのタイプがあります。

1.メラニンの生成を抑える
2.メラニンの色を薄める
3.メラニンの排出を促す

たとえば、1.の場合は、ヒースというハーブから摂れるアルブチン、カモミールから摂れる成分が有効とされています。2.のアプローチでよく知られている成分は、ビタミンC。そして、ずばり、お風呂に入ることで期待できるのは、3.のメラニン排出です。体をあたためて血行がよくなると、血液からの栄養が肌まで行き届くため、正常なターンオーバーが行われやすくなり、メラニンの排出を促せるのです。
また、ターンオーバーが滞りなく行われるためには、傷んだ細胞を修復してくれる成長ホルモンをしっかりと出す必要があります。それには、入眠直後の3時間に深い眠りに入ることが重要なんです。

お風呂が良質な睡眠をもたらしてくれるのは別記事でご紹介の通り。
毎日できる気軽な美白サポートとしてぜひお風呂を活用してください。

 香りだって美白に関係している!

たとえ紫外線を浴びなくても、ストレスを感じると、脳下垂体からメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニンの生成がはじまります。つまり、シミに気をつけるなら、ストレスの上手な解消も大切ということ。その意味では、好きな香りのお風呂でのんびりリラックスすること、それ自体も美白にいいといえるのです。
心地いいと感じる香りは、季節や、その時の体調によってもちがいます。好みが変わったことで自分の体調や気持ちの変化に気づかされたりするのが香りの面白いところ。ぜひいろいろお試しください。

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ