1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 美肌のための入浴法
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

美肌のための入浴法

おうち時間を楽しもう! ― ボディケア入浴法
体メンテナンス

「肌は夜つくられる」と言われるくらい、美肌と睡眠の関係は密接です。
そして質の高い睡眠をサポートするのが、お風呂。だからこそ、美肌のためにお風呂を積極活用しましょう。ただし、熱いお湯に長く入りすぎると必要以上に皮脂を奪い肌を乾燥させることもあるので、時間や温度をしっかり守るのがコツ。

お風呂と美肌の関係に着目睡眠の質をアップして、目指せ全身美肌

入浴ポイント01

入浴は
寝る1時間半前に

人が深い眠りに入るのは、一度お風呂で温まった体の温度が下がり始めた時。
ベッドに入る時にその状態にするために、入浴は寝る1時間半前に済ませるのがベストです。

入浴ポイント01イラスト
入浴ポイント02

ぬるめのお湯で
ほどほどに

肌のうるおいを守るためには「熱いお湯」「なが湯」は禁物。ぬるめの39℃~41℃のお湯で、10分から~15分を目安に入りましょう。
汗が出始める前にバスタブから出るつもりで。

入浴ポイント02イラスト

入浴ポイント02

ぬるめのお湯で
ほどほどに

肌のうるおいを守るためには「熱いお湯」「なが湯」は禁物。ぬるめの39℃~41℃のお湯で、10分から~15分を目安に入りましょう。
汗が出始める前にバスタブから出るつもりで。

入浴ポイント03

保湿をしっかりと

お風呂を上がるとすぐ、どんどん肌は乾燥していきます。
さら湯の場合、浴後10分前後で、入浴前の肌より水分が蒸発してしまうので、スキンケアはなるべく急いで。

Column
目覚めたらカーテンを開けましょう!

ヒトの体内時計の周期は約25時間と長めにできているため、体内時計を毎日早めてあげないと、ずるずると生活が後ろにずれてしまいます。
朝の光には後ろにずれる時計を早める作用があります。起床直後の光が最も効果的なので、起きたらまずカーテンを開けて自然の光を部屋の中に取り込むのが良いでしょう。
逆に、夜寝る前に光を浴びると、覚醒されてしまいせっかく眠気が起こるリズムをお風呂で作ったのが台無しに。寝る前は優しい明りの元ゆったり過ごしましょう。

入浴ポイント 実感をチェック

  • Check!

    いつもに比べて肌のうるおい感は?

  • Check!

    乾燥によるかゆみは軽くなった?

  • Check!

    眠るまでにかかる時間に違いは?

入浴前に水分調整をしっかり行うこと。
体調が悪くなったらすぐにやめましょう。
この入浴方法は入浴剤浴ではなく、さら湯での一般的な入浴方法のご紹介です。

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

登録内容変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ