1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 素早く疲労回復する入浴法
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

素早く疲労回復する入浴法

おうち時間を楽しもう! ― ボディケア入浴法
体メンテナンス

スポーツの後は、血液中に乳酸などの疲労に関係する物質が増えた状態になります。疲労回復のためには、早めにそれを流し去って(フラッシング)、適切な場所で分解したりエネルギーに変えたりする必要があります。また、疲れた場所に食事で取った栄養を運ぶためにも血流アップは大切。お風呂の力を積極的に活用しましょう。

早い疲労回復でパフォーマンス力をアップ血行促進して溜まった疲労に関係する物質を押し流す!

入浴ポイント01

体が落ち着いたら
早めに入浴

運動直後のまだ息があがっているような状態は、水圧などが体の負担になるのでNG。ストレッチなどで体を十分にクールダウン。それから入浴するよう心がけましょう。
体や息がある程度落ち着いたら、体が冷える前、なるべく早めに入浴を。

入浴ポイント01イラスト
入浴ポイント02

「ぬるめ&長め」が
基本

血流アップのためには、長めにじっくり20分以上入ることが何より重要。
そのためには温度もぬるめの39℃程度で。運動後は体が温まっているので、半身浴でもOKです。

入浴ポイント02イラスト

入浴ポイント02

「ぬるめ&長め」が
基本

血流アップのためには、長めにじっくり20分以上入ることが何より重要。
そのためには温度もぬるめの39℃程度で。運動後は体が温まっているので、半身浴でもOKです。

入浴ポイント03

脚マッサージで
疲れケア

長時間つかるのが苦手な人には半身浴がオススメ。
5分全身浴した後に、体を起こすかお湯を減らすかして半身浴を15分。半身浴の際のお湯の位置は、みぞおちあたりを目安に。お風呂の蓋を利用すると蒸した状態(サウナ)になりより効果的です。

入浴ポイント03イラスト
Column
疲労の目安、脈拍を測ってみよう

脈拍数には個人差がありますが、毎日測ってみて、ある時突然、脈拍数が増えているとしたら、それは自覚がなくても体が疲労している証拠です。
スポーツ選手などは脈拍数が増えると、練習を少し控えめにするなど、体調コントロールの目安にしているのだとか。特に運動を日常的にしている人は、毎日脈拍を測ってみましょう。
疲労回復の入浴法を続けていると、脈拍の変化が少なくなるか、増えても元に戻りやすくなるのがわかるでしょう。

入浴ポイント 実感をチェック

  • Check!

    運動の翌日の体調は
    いつもと比べてどう?

  • Check!

    脈拍数の変化は?

  • Check!

    いつもより運動後の体が軽い感覚は?

入浴前に水分調整をしっかり行うこと。
体調が悪くなったらすぐにやめましょう。
この入浴方法は入浴剤浴ではなく、さら湯での一般的な入浴方法のご紹介です。

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

登録内容変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ