1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. お風呂に入って予防!意外と多い「夏のぎっくり腰」
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

お風呂に入って予防!意外と多い「夏のぎっくり腰」

腰周りの筋肉を緩和して、「夏のぎっくり腰」を防ごう
体メンテナンス

ぎっくり腰は、「冷え」からくるので「冬になるもの」というイメージを持っていませんか? 実は、「夏のぎっくり腰」も意外と多いのです。そこには、夏ならではの原因があります。ぎっくり腰になる理由を知り、しっかり予防しましょう。

line_bubble

お風呂に入ることがぎっくり腰の予防に!

基本的にぎっくり腰になりやすい状態とは、次の4つです。

① 腰周りの筋肉が慢性的に疲労し、こり固まって硬くなっている。
② 骨格そのものに歪みがある。
③ 運動不足や栄養不足で骨や筋肉が弱くなり、体重が支えられなくなっている。
④ 精神的なストレスを感じている(精神的な緊張状態は、筋肉機能を低下させる)。

骨格そのものの歪みや、骨や筋肉の衰えが原因の場合は、お風呂での改善は難しいですが、①の場合は、お風呂に入ることで血液循環が良くなるため、こり固まった腰周りの筋肉を緩和することができます。④の場合も、ぬるめのお湯につかることで精神的ストレスが緩和されます。つまり、お風呂に入ることが、自然にぎっくり腰の予防になるのです。

夏も油断せず、お風呂で体を温めよう

夏になると、エアコンで身体が冷えてしまったり、冷たいものの食べすぎ・飲みすぎでお腹を冷やしてしまう人が多く見られます。さらにバスタブにつからず、シャワーですませてしまう人も多いため、「夏のぎっくり腰」は珍しくありません。

夏でも、体が冷えている人は多くいます。「夏のぎっくり腰」の予防のために、夏の間もシャワーですませず、毎日お風呂に入って体を温めるようにしましょう。その際、血行促進効果のある炭酸ガス系の入浴剤を使用すると、より効果的です。

もっと詳しく
入浴剤、6つの種類と6つの効果
お悩み別入浴法 肩こり・腰痛

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

会員情報変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ