1. トップ
  2. はぴばす 入浴と健康の情報ページ
  3. 気になる体のニオイを入浴で防ぐ
はぴばす:
アスリートインタビュー入浴と香りスポーツ入浴TIPS温泉入浴剤入浴トリビアスキンケア体メンテナンス季節の入浴法入浴科学入浴効果睡眠はぴばす白書コラム

気になる体のニオイを入浴で防ぐ

シャワーだけではダメ? お風呂で効率よく体のニオイを防ぐには?
入浴効果

汗ばむ季節、ふとした瞬間に自分のニオイにドキッ!とすることってありますよね?
今回は、お風呂で効率よく嫌なニオイを防ぐ方法についてお話しします。

ニオイの原因は、肌の細菌の増殖と酸化

“日常的にかく汗”はエクリン腺から分泌されるもので、99%が水です。つまり、水が臭わないように、汗自体はほとんど無臭です。ニオイの原因は私たちの肌の上に棲む細菌(常在菌)で、この細菌が皮脂や古い角質、汚れなどを食べて増殖し、ニオイはつくられます。また、酸化もニオイのもとになるため、皮脂汚れなどはきちんと取り除く必要があります。
一方、いわゆる“冷や汗”や “興奮汗”はアポクリン腺から分泌されます。この汗は水分のほか、微量のタンパク質や脂質、アンモニアを含んでいるため、細菌が繁殖しやすく、汗が酸化しやすいので、ニオイを発生しやすくなります。よって、アポクリン腺が集中しているワキ・デリケートゾーン・おへそ・乳輪などを重点的に清潔にすることがニオイを防ぐポイントです。頭・首・耳の後ろ・背中・胸の谷間なども丁寧にケアするようにしましょう。

皮脂は油。お湯につかると浮き上がる!

夏は湯船につからず、シャワーだけで済ませる人も多いようですが、ニオイ対策を考えるとシャワーだけでは十分ではありません。みなさんは油まみれになった食器をお湯ですすいだり、油汚れの洗濯物をお湯でつけおき洗いしたりしますよね? 皮脂は油で、油は熱に弱いため、食器や洗濯と同じように湯船にじっくりつかると、毛穴の中からジワジワと皮脂や汚れが浮き上がってきます。ブラシなどで強くこするより肌にもストレスフリーです。

入浴を習慣化し、「汗をかける体」にしておこう

「きちんと汗腺を動かせる」=「汗をかける体」にしておくことが大事。日頃から運動を心がけ、入浴を習慣化すると、サラサラとしてニオイにくい汗をかけるようになります。そのためにも、湯船につかってきちんと汗を出す時間をつくることが大切です。ランニングよりも湯船につかる方が効率よく汗をかけるというデータもあるほど、全身をまんべんなく温められる入浴は発汗に効果的。39~40度のお湯に10~15分つかるようにしましょう。そして、お風呂でしっかりと汗をかいたら、湯上がりはサラッとした肌を保ち、ニオイ対策を万全にして過ごしましょう。

ソーシャルメディア
Instagram バスクリン公式アカウント bathclin_jp
バスクリン公式Twitterアカウント
メールマガジン
バスクリンメールマガジン

登録内容変更はこちら>

通販サイト
バスクリン通販ショップ
このページのトップへ